ENTITY OF ROAD MAN

EOR

  • CD
  • 売切
  • (注文不可)

2,409円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

ご注文できません
レーベル
WILD DISK
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
WDD-009
通販番号
IND6060
発売日
2010年11月03日
EAN
4988005640055
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

2007年夏、世界的プロデューサーでありインプロ界の重鎮Bill Laswell(b)がBernie Worrell(Key)を率いて「Method of Defiance」というユニットを結成。その初来日公演を行う際の対バンとして、Billから中村達也のバンドが指名された。この頃、中村はタブゾンビ(tp)や日向秀和(b)とともにスタジオに入っていたことから、これに蔦谷好位置(key)を誘い、急遽ライブへと挑むこととなる。バンド名を「entity of rude」と称し臨んだこの結成直後のライブにおいて、4人は見事なほどの演奏力と楽曲構成で、圧巻のパフォーマンスをやってのけ、集まった多くの観客を瞬時に魅了する潜在能力を披露してみせた。以来、多方面からのライブのオファーに事欠かない存在となるものの、各メンバーの実働事情から年2~3回のライブ(それもひっそりと・・・)に留まらざるを得ない状況が続くこととなる。

メンバー曰く「幻のバンド」と揶揄することもあったが、各々の心根に欲するものはEORの始動であり、その存在を世間に知らしめたいという願いが強く。2010年秋、遂にその成果として、スタジオ録音によるファーストアルバム「ENITITY OF ROAD MAN」を発表する段に至った。そしてこの機にバンドの呼称を「entity of rude」から「EOR」と改名。新たなる志での活躍が期待されている。ニューカマーであり、最終兵器とも呼べるその存在感に大いに期待して頂きたい。

メンバー構成:
タブゾンブ(trumpet)from SOIL&”PIMP”SESSIONS
蔦谷好位置(keyboard)
日向秀和(bass)from STRAIGHTENER
中村達也(drums)from LOSALIOS、FRICTION

 

ソングリスト

  • 1. Screaming of the gun
  • 2. BLACK VENUS
  • 3. TELL ME
  • 4. コルトパイソン
  • 5. 風林火山
  • 6. 金塊の蠅ども
  • 7. アラーと鷹匠
  • 8. RUM & CHICKEN
  • 9. ZOMBADOL
  • 10. Golden thunder horn