AT THE EXPO 70

METRONOME QUINTET

  • レコード
  • 売切
  • (注文不可)

2,365円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
SONORAMA
国(Country)
GER
フォーマット
12"(レコード)
規格番号
通販番号
J100928-01
発売日
2010年10月27日
EAN
0882119005219
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

即完必至の超限定500枚プレス!ドイツSonoramaがまたやった!
先日『Plays Swinging Mahagonny』のCDリイシューが決まったばかりのスイスを代表するジャズ・コンボ、ザ・メトロノーム・クインテットが大阪万博出演直後に制作した激レア・12インチ・シングルがオリジナル・ファースト・ジャケットで限定復刻決定!


★ 1953年チューリッヒで結成されたスイスを代表するジャズ・コンボ、ザ・メトロノーム・クインテット。率いるのはアルト・サックス奏者のBruno Spoerriで、むしろBruno Spoerriと言えば70年代以降の電子音楽や映画音楽の分野での活躍や、カンのイルミン・シュミットをコラボ・アルバムを残した人として認知度が高いかもしれない。そのメトロノーム・クインテットの作品中最も人気の高い『Plays Swinging Mahagonny』続いてVinyl限定で復刻されるのは日の丸とカタカナがジャケを飾るレア・シングル『At The Expo 70』!
★ 1970年4月24日、大阪万博内のエキスポ・ホールに出演直後にチューリッヒのスタジオでレコーディングされた本作は、ジャケの雰囲気通り、未知なる極東の国、日本の印象をモーダルなジャズに載せて表現したもの。エキスポ・ホールでの演奏曲目はもちろん、日本のラジオのサンプリングま で収録されている。まさにロイド・ミラーの『Oriental Jazz』に並ぶ70年代の”Jazz meets World”な傑作!
★ ブルース進行のジャズ・ロック・ビートにエフェクターをかけたサックスの音色が怪しく響く「EXPO-Blues」が最高の モンド・グルーヴ。レイジーなワルツ・ジャズ「裸の島」、日本的な旋律で構成された組曲「Japan Suite」の3曲入り。

※こちらは500枚限定プレスのため、1STプレス以降は入手困難となる可能性があります。あらかじめ御了承ください。

ソングリスト

  • EXPO-BLUES
  • HADAKA NO SHIMA
  • JAPAN SUITE