• CD
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

2,263円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 試聴可能
レーベル
CAM JAZZ
国(Country)
ITA
フォーマット
CD
規格番号
CAMJ7843
通販番号
JZ120126-01
発売日
2012年04月28日
EAN
8052405140234

商品詳細情報

エドワード・サイモンCAM JAZZ第三弾!イタリアの映画音楽家、Fiorenzo Carpiの楽曲集映画音楽とジャズの美しい融合、イタリアの抒情・・
Criss Cross からの作品で頭角を現し、CAM JAZZ でも、ジョン・パティトゥッチ、ブライアン・ブレイドといった充実の面々を迎えて好調なリリースを続けるエドワード・サイモンの第三作。本作は、ちょっとイメージ・チェンジ!?取り上げる楽曲は、イタリアの偉大なる映画音楽作曲家Fiorenzo Carpi の楽曲たち。そのため、ジャズとしての即興のスリルは少なめ。今までの作品と比較して、どの曲も明確なテーマの提示を感じさせられます。しかし、ジャズピアニストとしての資質を活かしたこの作
品は確実にクリエイティヴです。ジャズ的解釈による映画音楽の再構築。そして理想的な融合。書かれたメロディの美しさをキッチリ活かしアレンジ。そうしたテーマと即興の一体感も素晴らしいため、ストーリー性にも満ちたジャズの美しさがここにあります。そして、魅力は作品から溢れ、立ち上るイタリアのロマンティシズム、抒情でしょう。「イタリアの音楽には、どんなジャンルの音楽にもメロディがしっかりある」と語ったのは、イタリアが誇る巨匠エンリコ・ラヴァですが、そうしたイタリア音楽の本質とジャズを融合させることに成功し、美学を感じさせるレーベルこそ、CAM JAZZ であり、本作
はそうしたCAM JAZZならではの作品とも言えましょう。●一曲目にウルコラのトランペットをフィーチャーしたあとは、ソロ(M-4.5.10)、デュオ(M-9) も織り交ぜつつ、トリオ中心の演奏。しなやかなクラレンス・ペンのドラミングはスウィング感も絶妙。軽やかで、かつ、芯も感じさせるサイモンのピアノは、コンテンポラリー的でありつつ、メロディアス。楽曲の世界を活かしたソロ展開には、ピアニストとしての才覚も感じさせられます。一方クラシックにも通じる4. 5曲目のソロの端正な美しさも魅力的。(4 曲目はエグベルト・ジスモンチ辺りを彷彿とさせる瑞々しさ。。。)エドワード・サイモン、これで、今後がまた一段と楽しみです。(新譜案内より)

■Edward Simon(p), Scott Colley(b), Clarence Penn(ds)
■Special Guest: Diego Urcola(tp=M1)

ソングリスト

  • Eugenia’s Thema
  • Passeggiata nel Parco
  • In Creca di Cibo
  • Nel Parco
  • Diario di un Maestro
  • Valzer Lento
  • Eugenia’s Thema
  • Passenggiata nel Parco
  • Diario di un Maestro
  • In Cerco di Cibo