• CD
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

2,571円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 試聴可能
レーベル
MONKY'S RECORDS
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
MKY0003
通販番号
JZ120210-71
発売日
2012年04月20日
EAN
4571304540036
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

私はこの1月初めに大好きなニューヨークに4年ぶりに行ってきました。もちろんこの新作を録音するためです。僕は1982年から3年、89年から3年と6年間のNYでの修行を行いました。久し振りのNYは全然変わってないな、という感覚もありすぐに昔住んでた頃の気分に戻れます。しかし多くの友人が最近バタバタと亡くなってしまい彼らの事を思うと哀しくもなります。僕の人生を変えてくれたNYはいつも大好きです。
昨年3/11の大震災で日本が大変な事になっている時に多くのNYにいる友人達が励ましのメールや電話をくれました。特に昔から長い付き合いのヴィンセント・ヘリングからは電話が来ました。彼はエリック・アレキサンダーを紹介してくれ、さらにCDを制作し夏に日本のためにツアーをしたい、と言ってくれました。過去にも何度も彼を呼んでのツアーをしてきました。しかし、今回は今まで以上に彼らの気持ちが強くとても嬉しく思います。僕としても過去には何度もNYのミュージシャンとアルバムを作ってきましたが今回はあえて現地でがんばっている日本人ミュージシャンと日米混合バンドでという思いが強くなりました。震災後によくテレビ等で外国人の方々が "あなたは一人ではない、我々は君たちと共にいます" というコメントを多く見た覚えがあります。僕の日本人バンドJJMでも11年には5月、10月と2回の福島、仙台チャリティーライブを行っております。人間は困ったときは皆で助け合うという事がいかに大事か考えさせられました。そういう意味でも今回はあえてタイトルを"絆"にさせてもらいました。(小林陽一)

■小林陽一Good Fellows USA and JAPAN
YOICHI KOBAYASHI : Drums / VINCENT HERRING : Alto Sax except on 2,4 /
ERIC ALEXANDER : Tenor Sax except on 1,4,9 / TOHRU DODO : Piano / YASUSHI NAKAMURA : Bass /
2012年1月3日録音。

■メンバーについて
ヴィンセント・ヘリング(as)
ケンタッキー出身。1983年頃小林とNYでストリートミュージシャンで活動。その後ナット・アダレイ・バンドに抜擢。ホレス・シルバー、ジャック・ディジョネット、シダー・ウォルトン、ルイス・ヘイズ等のバンドで活躍中。

エリック・アレキサンダー(ts)
1991年のモンクコンペで2位になりそれ以降頭角を現しNYを拠点に活動。日本でもヴィーナス・レコードから多くのアルバムをヒットさせ大スターに成長し毎年Japan Tourを行っている。

百々徹(p)
1972年東京生まれ。明大のジャズ研で活動を始める。以後バークリー音楽院入学。1998年首席卒。1998年からNYで活動開始。CD「DODO 3」など多くのアルバムを制作。日米、カナダ、西・東アフリカ、南米で活躍中。

中村泰史(b)
東京生まれ。小学生からシアトルに移る。以来アメリカ滞在、バークリー音楽院、ジュリアード音楽院と進む。以降はNYを拠点としウィントン・マルサリス、カール・アレン、ウエス・アンダーソン、ロン・ブレイク、ブライアン・ブレイド、ベニー・ゴルソン、ベニー・グリーン、ハンク・ジョーンズ、ウォレス・ルーニー、クラレンス・ペン、マーロン・ジョーダン等と共演。

小林陽一(ds)
1953年秋田市生まれ。尚美音楽院卒。1976年に自己のクインテットを結成。6年間のNY活動を経験に"日本ジャズ維新"のリーダーの一人として活躍。2菅以上のコンボバンドの育成に貢献した。すばらしい多くのミュージシャンをNYから呼んでツアー活動やCD制作も行った。CD「GOOD FELLAS」はSJ誌ゴールドディスクを獲得。2004年にはロン・カーターとのCD「Monks Trio」も制作、ツアーも行った。2000年にはアート・ブレイキー・レガシー・バンドに呼ばれコンサートのトリを務めた。その時財団に"ジャパニーズ・ジャズ・メッセンジャーズ"と名付けられる。クインテット結成36年と迎える(2012年)。

ソングリスト

  • Koba’s Delight (Vincent Herring)
  • Be My Love (Sammy Cahn / Nicholas Brodzky)
  • Nemesis (Eric Alexander)
  • Falando De Amor (Antonio Calros Jobin)
  • Kizuna (Yoichi Kobayashi)
  • Nica's Dream (Horace Silver)
  • Valse Hot (Sonny Rollins)
  • Un Poco Loco (Bud Powell)
  • What a Woderful World (George David Wiss / Bob Thiele)