Elementals

AZAR LAWRENCE エイゾー・ローレンス

スピリチュアル・ブラック・ジャズの伝統を今に伝えるサックス奏者、待望の2016年スタジオ録音!!!

  • CD
  • 新品在庫取寄せ
  • (2週間~1ヶ月後に発送)

2,268円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 試聴可能
レーベル
HIGHNOTE
国(Country)
IMPORT
フォーマット
CD
規格番号
HCD7306
通販番号
XATW-00145398
発売日
2018年04月06日
EAN
0632375730628

商品詳細情報

スピリチュアル・ブラック・ジャズの伝統を今に伝えるエイゾー・ローレンス、2016年スタジオ録音!
★70年代のPresutige初期作の再評価が進み、今再び精力的な活動を見せるブラック・スピリチュアル・サックス、エイゾー・ローレンスのHigh Note Records第一弾!

★60年代後半から頭角を現し、エルヴィン・ジョーンズのジャズ・マシーンに参加したほか、NYに拠点を移した後、マッコイ・タイナーのアンサンブルにも加入。70年代にはエレクトリック・マイルス・バンドの一角を担った他、フレディ・ハバードや、ウディ・ショウといったアーティストとも共演。一方ではロバータ・フラックや、アース・ウィンド・アンド・ファイアーといったソウルの大御所とも共演経験を持つローレンス。その演奏はコルトレーンの直系でもあり、筋金入りのブラック・スピリチュアルの表現者と言えます。

★近年では、2011年のNY Jazz Standardでのライヴ演奏をSunnysideからリリースし、脚光を集めましたが、本作は、その時のピアニスト、ベニート・ゴンザレスを引き続き迎えてのスタジオ録音盤!

★作品の世界観は、不動。スタンダード“ブルー・ボサ”のコード進行を下敷きにしたオリジナル“ラ・ボッサ”から、正にエイゾー・ローレンス節。ケニー・ギャレットのグループでも長年ピアノをつとめるベニート・ゴンザレスも、マッコイ・タイナー直系の演奏を見せ、モーダルなピアノで重厚にボディを支えていきます。同時に、そうした60年代的モード・ジャズに、ブラジル、アフリカ、またインド的なサウンドをまじえているのもローレンスらしいところ。その名も“African Chant”と題された M7 ではヴォイスをまじえる他、M5ではシタールに似たギターのサウンドとサイケデリックな世界を創りだし、エスニックな世界に誘います。

★「この音楽の全てはヒーリング・ミュージックだ。全体に通じるコンセプトは精神の癒しであり、高揚だ」と語るローレンス。1953年生まれ、本作録音時、62歳。表現において一本の筋を見極め、生きてきたアーティストの年輪を感じさせる一枚です。(メーカーインフォより)

メンバー:
Azar Lawrence(ss, ts),
Benito Gonzales(keys),
Jeff Littleton(b), Marvin “Smitty” Smith(ds),
Munyungo Jackson(perc)

with
Oren Waters(vo-M7),
John Barnes(keys-M1),
Greg Poree(g-M5,6),
Mayuto Corea(hand drums-M1)

※参考音源

ソングリスト

  • La Bossa (A. Lawrence / N. Morgan)
  • Eye of the Needle (A. Lawrence)
  • Elementals (A. Lawrence)
  • Brazilian Girls (B. Gonzales)
  • Solar Winds (A. Lawrence)
  • Koko (A. Lawrence)
  • African Chant (B. Gonzales)
  • Sing to the World (B. Gonzales)
  • It's Easy to Remember (R. Rodgers / L. Hart)
  • Karma Sutra (A. Lawrence)