山本剛「BLUES FOR K Vol.1&2」がアナログ化&バンドルセット発売

  • JAZZ
  • 新着ニュース

2022.12.05

  • LINE

  • メール


山本剛トリオによるTBMスピンオフプロジェクト第2弾
伝説のエンジニア神成芳彦のプライベートスタジオで吹込む再会セッションがアナログ盤決定!


山本剛トリオの新プロジェクトは、1970年代の伝説の和ジャズレーベル「スリー・ブラインド・マイス」専属エンジニアとしてジャズサウンドに革命をもたらしたエンジニア神成芳彦とのリユニオンセッション!音色の発生源に限界まで近づく楽器のマイキング、ピークを厭わない録音技法は健在だ。マスタリングは2012年から70タイトルを超えるTBM復刻シリーズを現代に送り出し、そのサウンドを熟知するソニー・ミュージックスタジオが手掛ける。そこに現れる音は、あの頃の再現か、あるいは半世紀の円熟か――ぜひお確かめいただきたい。ライナーノーツにはTBMファンにはお馴染み、神成氏手書きのレコーディング・セット図も収録!プライベートスタジオならではの超個性的なセッティングにも注目だ。


Vol.1には代名詞「ミスティ」のほか「I’m Glad There is You」といった珠玉のバラッド、さらにラテンの「そよ風と私」、アップテンポのなどバリエーションに富んだ1枚になっている。

Vol.2には、CDに収録された「ミッドナイト・シュガー」とは別のテイクとなる未発表トラックを収録!また激動の世に吹込む「ひまわり」は圧巻だ。


■山本剛(ピアノ)
香川裕史(ベース)
大隅寿男(ドラムス)
エンジニア:神成芳彦 那須・スタジオ雷庵にて録音


LP(Vo.1&Vol.2)+トートバッグのバンドルセットも発売決定!

ボディ
・布100%キャンバス地
・W35×H37×D11
・持ち手2.5×47

※画面上の色と実物とは、多少の異なる場合がございます。
※サイズ表の寸法と、若干の寸法差が生じる場合がございます。