<予約>SAVOYレコード生誕80周年!「Birth of Bop: The Savoy 10-Inch LP Collection」発売決定

  • JAZZ
  • 新着ニュース

2022.12.07

  • LINE

  • メール


※5×10"LP / 2CD

SAVOYレコード生誕80周年!アーティスト・リストの活力と先見性を如実に物語った企画盤

★本作品に収録されたディスクを埋め尽くすアーティストの多くがバップを世に送り出した面々で、Savoyのアーティスト・リストの活力と先見性を如実に物語った企画盤。


★バップが始まった1940年代は、まだビッグバンドのスウィングが主流であった。この新しい音楽を育てた若い演奏家たちは、ジャズ界の中では比較的小さな集団であり、その結果、新参者たちはしばしば互いの名義でグループ活動を行った。また、バップに挑戦する会社は、少なくとも当初は、大手レーベルの多くがこのような事態を予想していなかったこともあり、まばらであったという。
そのため、バップに関心を持つ一握りの小さなレーベルが、バップを創り出す人々の道標になったのである。1942年末に設立されたSavoyは、その道を切り開くのに一役買った。そして、バップのレコード製作の初期に大活躍したTeddy Reigに感謝しなければならない。生来のハスラーであり、熱心な音楽ファンであったReigは、尊敬するジャズアーティストたちと親交を深め、多くのアーティストと親交を深めた。クラブに出入りし、チャーリー・パーカーやディジー・ガレスピーをはじめとする新進気鋭の若手演奏家をスカウトし、その才能を見抜いたのである。レコード業界に参入することを決めたとき、彼の最初の作品(1945年)には、バップの先駆者である彼らが登場する。Reigは、クライド・ハート率いるバンドの一員としてブルース・ベースのシンガー、ラバーレッグス・ウィリアムズを雇いました。また、ガレスピーとパーカーが初めて一緒にスタジオで演奏した日でもある。1940年代以降、優れたジャズとR&Bの代名詞となったSAVOY JAZZは、チャーリー・パーカー、ディジー・ガレスピー、マイルス・デイヴィス、ジョン・コルトレーン、エロール・ガーナー、キャノンボール・アダレイ、デクスター・ゴードン、ファッツ・ナヴァーロ、その他多くの伝説的なアーティストによる初期の名録音盤を取り揃えている。また、もっと最近のものではパット・マルティーノ、フィル・ウッズ、エタ・ジョーンズ、ビル・フリゼール、ビッグ・バッド・ブードゥー・ダディ、ラリー・コリエル、アンディ・ベイ、ラヴィ・コルトレーン、ミルトン・ナシメントなどの録音も取り揃えているレーベルだ。


★グラミー賞受賞作家であり放送作家でもあるニール・テッサーによるバップの歴史とサヴォイの役割についての幅広いライナーノーツと各トラックの概要を含むこのセットは、バップの起源についての紹介と教育の両方の役割を果たす。


★ジョー・タランティーノ・マスタリングのジョー・タランティーノによるマスタリング。