マカヤ・マクレイヴン「Deciphering The Message」のLP盤がWEB限定特別価格で入荷

  • JAZZ
  • 新着ニュース

2022.12.09

  • LINE

  • メール
MAKAYA MCCRAVEN  / マカヤ・マクレイヴン / Deciphering The Message(LP/180g)

Deciphering The Message(LP/180g)

MAKAYA MCCRAVEN マカヤ・マクレイヴン

オンライン限定特別価格で入荷!

BLUE NOTE / IMPORT / LP(レコード) / 00602438144730 / 1008361611 / 2021年11月19日

  • JAZZ
  • レコード
  • 売切
  • (注文不可)

2,750円(税込)

  • レコード
  • 売切
  • (注文不可)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

ご注文できません

※LP

無くなりしだい終了!WEB限定特別価格で入荷!


シカゴを拠点に活動するドラマーでありプロデューサーのマカヤ・マクレイヴンがブルーノート・デビュー作品を発表。

★ビート・サイエンティストとの異名を持ち、サンプリング、リミックスを得意とし、ループの達人として知られている彼は、これまでジャズの世界で独自の道を切り開いてきた。今回のアルバムもその延長線上にあり、ブルーノートの歴史を掘り下げ、アート・ブレイキー、ホレス・シルヴァー、クリフォード・ブラウン、デクスター・ゴードンらが産み落とした名曲をリミックス。新たな解釈を加えた。プロデュースだけでなく、ミックスもマクレイヴン自らが担当し、オリジナル音源の完全性を維持しつつ、彼らしいヒップホップを基調にしつつもアンビエントな広がりのある作品に仕上げた。

★過去の音源をそのまま仕様するのではなく、ジョエル・ロス(ヴィブラフォン)、マーキス・ヒル(トランペット)、グレッグ・ワード(アルト・サックス)、マズ・ゴールド(ギター)、ジェフ・パーカー(ギター)、ユニウス・ポール(べース)、デショーン・ジョーンス(テナー・サックス&フルート)が参加し、新たにレコーディングを実施。プロデューサーとして多彩な音をまとめ上げた。

★配信がスタートした先行トラック「フランクス・チューン」はもともとジャック・ウィルソンが1967年にリリースした『イースタリー・ウインズ』に収録されているハードバップ・チューン。今回のリミックスでは2ステップのダンスグルーヴに合わせて踊っている人々が想像できるかのような80年代のR&B風に蘇らせた。曲の冒頭と最後にはアート・ブレイキーの声が収められている。今回のアルバムにおいてはそれぞれの楽曲にAKA(=別名)を付けていることも特徴的で、「フランクス・チューン」は「De'Jeff's Tune」と名付けられた。

★本作に関してマクレイヴンは一つのライヴハウスで行われたショウのように連続したセットに聴こえるようアルバムを組み立てたという。イメージとしては、ビバップからハードバップへと移行うする時間軸のどこかに位置付けられているようで「若いミュージシャンがバンドを渡り歩くという、まるで通過儀礼のようなアイディアに触発され、ある時代に焦点を当てたいと思っていました。」と語っている。