<RSD>マル・ウォルドロン&スティーヴ・レイシー1995年アントワープの未発表ライブ音源「Mighty Warriors - Live In Antwerp」発売

  • JAZZ
  • 新着ニュース

2024.04.22

  • LINE

  • メール


※2LP / 2CD

マル・ ウォルドロン&スティーヴ・レイシー1995年アントワープでの完全未発表ライブ音源が180g重量盤、完全限定盤2枚組LPセットで登場!レジー・ワークマン(b)、アンドリュー・シリル(d)が参加

★マル・ ウォルドロン&スティーヴ・レイシーの、1995年アントワープでの未発表ライブ音源が180g重量盤、完全限定盤2枚組LPセットで登場!


★マル・ ウォルドロンとスティーヴ・レイシーは1958年にファイブ・スポットで初めてステージを共にして以来、しばしばヨーロッパで共演し、1960年代にはともにヨーロッパに定住。軽快なレイシーのソプラノ・サックスとウォルドロンの黒人霊歌やシューベルトのようなメランコリーさは、対極に位置するようにも思えるが、セロニアス・モンクへの傾倒という一点を触媒にして見事な調和を魅せる。


★本作は、1995年9月30日に、ベルギーのアントワープにあるデシンゲル・アート・センターで、ウォルドロンの70歳の誕生日を祝して開催された最後のライヴでの録音。ベーシストのレジー・ワークマン、ドラマーのアンドリュー・シリルが参加。


★元々、パリの偉大なサックス奏者、バルネ・ウィランの息子、パトリック・ウィランが保有していた音源だが、その妻のサトミ・ウィランと、マル・ウォルドロンの未亡人であるヒロミ・ウォルドロン、エレメンタル・ミュージックがつながることによってリリースに漕ぎつけた完全未発表音源。


★ブックレットには名盤発掘王、ゼブ・フェルドマン、ジャズ・ライターのアダム・シャッツの寄稿文、レジー・ワークマン、アンドリュー・シリルの証言、ジェーン・ バネット、ダヴィ・ビレージェス、デイヴィッド・リーブマン、ヴィジャイ・アイヤー、エヴァン・パーカー、マル・ウォルドロンの未亡人ヒロミ・ウォルドロンのインタビュー、ヒューゴ・ピーターズ氏によって撮影された実際のコンサートの写真も掲載され、盛りだくさんの内容となっている。


■Steve Lacy (Soprano Sax)

Mal Waldron (Piano)

Reggie Workman (Bass)

Andrew Cyrille (Drums)


Recorded live at DeSingel Arts Center, Antwerp, Belgium, September 30, 1995.