<予約>初LP化が実現!ジョン・テイラー、2022年再発盤は即完売となった人気作「Fragment」がCD&LP再発決定

  • JAZZ
  • 新着ニュース

2024.04.22

  • LINE

  • メール


1975年にカセットテープでのみ発売された、UKジャズの至宝とうたわれるピアニストJohn Taylor(ジョン・テイラー)のリードアルバム、「Fragment」。その後、2022年に限定CDで発売されると即完売となった人気作が、CDで待望の再発が決定!!


カセットテープでリリースされたオリジナルの音源は、ジョン・テイラーがデビュー作『Pause, And ThinkAgain』以来、活動を共にしてきたケニー・ホイーラーら精鋭たちとの演奏のハイライトであり、1970年代ブリティッシュ・ジャズの最良の瞬間のドキュメントである。同時代のジャズ・ロック〜フリーの中でも、まるでオーケストラのように重厚に響く、アンサンブルを重視した演奏とアレンジメントは唯一無二のものだ。アジマス結成を想起させるソロ・ピアノも聴ける。この失われていた音源が再び世に放たれることを、一リスナーとして喜びたい。 (原 雅明 ringsプロデューサー)


■John Taylor – piano, electric piano
Ken Wheeler – trumpet, flugelhorn
Stan Sulzmann – tenor & soprano
saxophone, flute
Chris Pyne – trombone
Chris Laurence – bass
Tony Levin – drums, percussion

All compositions by John Taylor


Recorded live in London, January 1975


↓タイトル曲「Fragment」先行配信はこちらから

https://ringstokyo.lnk.to/wFEWPClH


DIW PRODUCTS · John Taylor Sextet - Fragment (試聴用)