<予約>自身のルーツであるニューオリンズ・サウンズに原点回帰したブリア・スコンバーグ「What It Means」発売決定

  • JAZZ
  • 新着ニュース

2024.06.14

  • LINE

  • メール

 

自身のルーツであるニューオリンズ・サウンズに原点回帰した意欲作

カナダ出身の女性トランペッター/ヴォーカリスト、ブリア・スコンバーグの7作目となる2024年新作「ホワット・イット・ミーンズ」。自身のルーツであるニューオリンズ・サウンズに原点回帰した内容で、レコーディングもニューオリンズで行った意欲作。ソニー&シェールのヒット曲"ビート・ゴーズ・オン"のハード・バップ風カバーやジョン・レノンの"ビューティフル・ボーイ"のカバー収録。


■Bria Skonberg - trumpet & vocal
Don Vappie - guitar, banjo
Chris Pattishall - piano
Grayson Brockamp - acoustic bass
Herlin Riley - drums, percussion
Aurora Nealand - soprano saxophone (on 1)
Rex Gregory - tenor saxophone, bass clarinet (on 4, 8-10)
Ethan Santos - trombone (on 4, 8-10)
Ben Jaffe - sousaphone (on 1, 10)
Gabrielle Cavassa - vocal (on 8)