大西順子新作はオールスターメンバーでの新境地を感じさせる1枚!

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2010.07.28

    • LINE

    • メール
    大西順子ユニバーサル移籍第一弾!
    オールスターメンバーが集結したNY録音!!
    ★大西順子 / バロック / CD / 2,800円(税込)
    カートに入れる
    前作『楽興の時』でジャズシーンに完全復活をアピールした大西順子の、ユニバーサルに移籍しての第一弾!
    久 々のニューヨーク録音となる本作はお馴染みレジナルド・ヴィール&ハーリン・ライリーというリズム隊に加え、ニコラス・ペイトン、ジェームス・ カーター、ワイクリフ・ゴードンというNYの精鋭3管セクションが参加。なんとさらに(1)(3)(5)(7)の4曲ではロドニー・ウィテカーも参加して の2ベース編成!
    ジェームス・カーターを筆頭に各人のアグレッシヴでパワフルなソロが素晴らしいのはもちろん、渦を巻くアンサンブルはまるでミンガスのバンドも彷彿とさせるかのよう。
    蜷川実花が担当したというジャケット写真も印象的で、大西順子の新境地を感じさせる意欲作となっています!!

    試聴
    1. TUTTI
    2. THE MOTHER'S(WHERE JOHNNY IS)
    3. THE THREEPENNY OPERA
    4. STARDUST
    5. MEDITATIONS FOR A PAIR OF WIRE CUTTERS
    6. FLAMINGO
    7. THE STREET BEAT/52ND STREET THEME
    8. MEMORIES OF YOU