<週刊>JAZZ ONLINE最新ご予約ランキング(3月22日更新)

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2019.03.22

    • LINE

    • メール

    JAZZ ONLINE 最新ご予約ランキング!!
     

    CD

    1位文字入りゴールド王冠
    EVANS IN ENGLAND / エヴァンス・イン・イングランド
    BILL EVANS ビル・エヴァンス

    BILL EVANS / ビル・エヴァンス / EVANS IN ENGLAND / エヴァンス・イン・イングランド

    日本語帯、解説付= 英文解説完全翻訳 ブックレット付き
    今や説明不要ともなった21世紀のヒストリカル・レーベル、Resonanceから、ビル・エヴァンスの未発表作品がリリースされます。これまで、Resonanceでは、モントルー・ジャズ・フェスティヴァルのライヴ録音でしか聴くことができなかったエディ・ゴメスとジャック・ディジョネットによるトリオの最高に貴重な2音源を『Some Other Time』,『 Another Time』として作品化し、ジャズ界を驚嘆させましたが、本作は、レーベルが初めて送り出したエヴァンス未発表作品、『Live at Top of the Gate』(1968年10月23日録音/2012年リリース)の約一年後の演奏を送り出してくれました。

    トリオはエディ・ゴメス、マーティ・モレルによる第二期トリオとよばれ、エヴァンスのキャリアの中で最も長い活動歴となったメンバーによるもの。『Live at Top of the Gate』では結成間もないトリオが、NYで繰り広げた瑞々しい演奏を聴くことができましたが、本録音はイギリス、ロンドンにある名クラブ“ロニー・スコッツ”での演奏。ロニー・スコッツでは、前年68 年も一ヶ月もの間演奏しており、その時の体験をエディ・ゴメスとジャック・ディジョネット双方が最高の演奏だったと語っていますが、エヴァンスは翌69 年も新たに結成したトリオで出演。

    トップ・オブ・ザ・ゲイトでの演奏においては、まだ手さぐりな部分も見受けられましたが、3 人は一年の時を経て、格段に深化。エヴァンスの演奏と密接に絡み合い、オリジナルなアーティキュレーションも見せるゴメスのベース・ライン、繊細なスウィング感と共に、トリオに活力を与えるモレルのドラミングによって、演奏は、随所で三者が化学反応を見せる展開。その後74 年まで続いていくトリオの長命の歴史を予感させるものもあります。

    楽曲は、これぞエヴァンスというナンバーを中心とする中、“Sugar Plum ”“The Two Lonely People ”といった楽曲の初期録音を記録している点でも貴重。また“My Foolish Heart”と“Waltz for Debby”の並びでの収録は、ヴァンガードの名演を作品化した『ワルツ・フォー・デビー』と同じトラック・オーダー。編集性にも興味深いものを感じさせます。

    音源は、フランス人の“Joe”と名乗る熱心なコレクターが、ドキュメンタリー映画『Turn out the Stars』を撮影したLeon Terjanianに2016 年にコンタクトしたことがきっかけ。エヴァンスも容認の元、Joe によって録音されていたテープはTerjanian からResonanceへとわたり、関係各所とライセンス契約を結び、作品化されたました。音質は臨場感が抜群。ジャケットのクールさはもちろんのこと、Resonanceらしく、今回もチャック・スチュアート、ジャン・ピエール・ルロアらのレアな写真を使用し、エディ・ゴメス、マーティー・モレルへのインタビューをはじめ、貴重なエピソードを満載したブックレット付き。今回も、アーティストへのリスペクトを感じるリリースです。

    * 音源のごく一部にマスターテープに起因する音質のゆがみがあります。予めご了承ください。

    Bill Evans(p), Eddie Gomez(b), Marty Morell(ds)


     2位銀おうかん
    Suomenlinna / スオメンリンナ
    SUNAGA T EXPERIENCE スナガ・ティー・エクスペリエンス



    前作「STE」より4年!
    須永辰緒のソロユニットSunaga t experienceの最新作は日本、アメリカ、そしてフィンランドの精鋭アーティスト総勢34名と共に生み出されたオンリーワンの最高傑作!


    昨年7インチレコードで極少数プレスされ、一瞬で完売となったレミオロメンの大ヒット曲「粉雪」のジャズリワークはフィンランドの盟友ザ・ファイヴ・コーナーズ・クインテットのリーダー、ユッカ・エスコラ(tp,flg)を筆頭に同じくティモ・ラッシー(ts)、テッポ・マキネン(ds)が参加。そしてすでに渋谷オルガンバー界隈で話題沸騰の新曲「揺れる。」は、LA在住のヴォーカリスト SARAを招いた日米合作!聞いた人の心を揺さぶりその破壊力はあの「It’s You」を超えるとも噂される。世界の点と点を線でつなぐだけでなく、須永辰緒の地元栃木をイメージして作られた「Futa_Ara」では里アンナ(vo)を起用しこれまでにない壮大なスケールで新境地を開く。そして今回愛弟子と久々の再会も果たした。その名はSTUDIO APARTMENT。共作「Rogue」はスタアパらしいクールでエッジの効いたビートにメロディアスなギターがはいるフロアフィラー。

    またSunaga t experience作常連の太宰百合、小泉P克人、ChihiRo(Jill De-Coy Association)、万波万希に加え新進気鋭のドラマー岡本健太をフィーチャー。須永のもとに集まった総勢34名の精鋭は竹中俊二(g)、佐々木史郎(tp)、類家心平(tp)、元晴(ts)、 永武幹子(p)、塩田哲嗣(b)、Emily Styler(vo)、川崎太一朗(tp)、 田口悟史(sax)、中村祐介(key)、蓮池真治(b), 速水直樹(MIX), 宮本ブータン知聡(ds)など豪華な顔ぶれ。
    その情熱あるレコード愛から「レコード番長」の異名を取るだけではなく、プロの酒飲みとして酒場を愛し「キャプテン」の異名をとるSunaga t. experienceの「Suomenlinna」、フィンランドの世界遺産の名前をいただくこのニューアルバムが2019年を代表する音楽遺産となる。

    本商品をお買い上げのお客様へ
    「燦爛と須永辰緒のネーム入り特製蛇の目猪口」をプレゼント!!※個数限定


    ※初回購入特典のため無くなりしだい終了となります。
    ※個数限定のためお渡しは先着順となります。予めご了承ください。


    3位ブロンズ透過PNG
    Moon And I
    GABRIEL LATCHIN ガブリエル・ラッチン

    GABRIEL LATCHIN / ガブリエル・ラッチン / Moon And I

    "エレガントで、粋で、スウィンギング!" - Renee Fleming
    "洗練されている"- The Times
    "完璧"- London Jazz News


    この春最も聴くべき新録ピアノ・トリオと断言!!
    2017年に発売されたデビュー・アルバム「Introducing」が爆発的なヒットとなったイギリス・ロンドンで活動をするピアニスト、ガブリエル・ラッチン約2年ぶり待望のセカンド・アルバムがリリース。

    デビュー・アルバムが爆発的なヒットとなったピアニスト、ガブリエル・ラッチン約2年ぶり待望のセカンド・アルバムがリリース決定。
    全11曲中4曲が自作曲となっており、冒頭"Arthur Go"、最終曲"Pippy"s Delight"はガーシュウィンの"I Got Rhythm"を下地に作曲。
    アルバムのブックエンドとしての役割にもなっていると御本人が語っていることからも本アルバムをまとめている注目の2曲と言えるのではないでしょうか。
    3曲目"Peek A Bu"はアート・ブレイキーに捧げたマイナー・ブルース。テクニックに走り過ぎず、歌心を大事にするあまり派手になってしまわないようボリューム感も考えられたバランスの良いソロは必聴です。
    4曲目"Brigi, My Dear"は妻のために書いた曲とのことで、ディズニー映画「シンデレラ」の主題歌"A Dream Is a Wish Your Heart Makes"にインスパイアされたロマンチックで語りかけるような甘美な演奏が素晴らしいジャズ・ワルツ。
    その他にもエヴァー・グリーンな名盤「Getz/Gilberto」にも収録され往年のジャズ・ファンにも馴染みある"So Danco Samba"やリー・モーガン67年作「Delightfulee」に収録された"Zambia"などジャイアンツの楽曲も取り上げながら、「これぞジャズ・ピアノの王道!!」といったエレガントでスウィンギーな貫禄ある演奏を披露。デビュー・アルバム「Introducing」後もサイドメンとして参加した経験が活きているであろう往年のジャズも納得の充実したセカンド・アルバムに仕上がっています。

    本作も王道ピアノ・トリオ・ファンは迷わず聴いてください!

    ■Gabriel Latchin(p)
    Dario Di Lecce(b)
    Josh Morrison(ds)


    TOP4
    Bamboo
    MINORU MURAOKA 村岡実

    MINORU MURAOKA / 村岡実 / Bamboo

    尺八奏者・村岡実が70 年に録音した奇跡のアルバム「Bamboo」が再発売!!
    海外DJを次々に卒倒させた和太鼓ブレイク「陰と陽」収録。
    琵琶や琴などの和楽器をふんだんにフューチャーし、美しく幻想的な響きとグルーヴがみなぎる海外のミュージック・ラヴァーをも熱狂させるオリエンタル・ジャズ&ファンク神秘の1枚!


    TOP5
    New Heritage of Real Heavy metal extra edition
    NHORHM エヌ・エイチ・オー・アール・エイチ・エム

    NHORHM / エヌ・エイチ・オー・アール・エイチ・エム / NEW HERITAGE OF REAL HEAVY METAL EXTRA EDITION / New Heritage of Real Heavy metal extra edition

    ジャズピアニストとして活動する西山瞳が、自身が影響を受けたヘヴィメタルの楽曲をピアノトリオでカバーするというコンセプトでスタートした"NHORHM" (エヌ・エイチ・オー・アール・エイチ・エム)は、2015 年10 月にアルバム『New Heritage Of Real Heavy Metal』をリリース。そして翌年の12月には第二弾アルバム『New Heritage Of Real Heavy MetalII』をリリース。

    2018年10月、三部作の最終章となる3rdアルバム、『New Heritage Of Real Heavy MetalIII』では人気ガールズメタルバンドMaryʼs BloodよりギタリストのSAKI、映画やCMソングなどの幅広い活動を行うシンガーのマヤ・ハッチが参加し、アルバムの最後は敬愛する日本のメタルバンド聖飢魔IIの名曲「EL.DORADO」をカバーし、ついにはデーモン閣下との対談企画(Mikiki)も実現、その後もライムスター宇多丸の「アフター6ジャンクション」にゲスト出演するなど、完結発表後、更に支持層を獲得した。今作『New Heritage Of Real Heavy Metal extra edition』はこれまでのアルバムに惜しまれつつも収録できなかった音源達に西山瞳のオリジナル曲を加えた、まさに"裏作品集"的な位置付けのアルバムになった。ジャズとメタルを越境して展開されるプロジェクト”NHORHM”の今後にご期待ください!


     

    RECORD

    1位文字入りゴールド王冠
    スパイラル・サークル<LP>
    ヘルゲ・リエン・トリオ

    ヘルゲ・リエン・トリオ / スパイラル・サークル<LP>

    ジャズ&オーディオ・ファンの間で至高のオーディオファイルとして 認知されている、ヘルゲ・リエンのレインボー・スタジオ(オスロ)録音 2作品が、CRAFTMAN RECORDSクオリティでLP化!!
    各オーディオショウにて頻繁に試聴サンプルとして使用されている、あの「Take Five」はこれだ!!
    2019年〔アナログ盤プレス専用〕最新リマスター!!

    ・録音2002年2月16,17日オスロ、レインボー・スタジオ
    ・180g重量盤
    ・マスター盤プレッシング
    ・2019年〔アナログ盤プレス専用〕最新リマスター

    ・アナログ盤企画・監修:塙耕記



    2位銀おうかん
    トゥー・ザ・リトル・ラジオ<LP>
    ヘルゲ・リエン・トリオ

    ヘルゲ・リエン・トリオ / トゥー・ザ・リトル・ラジオ<LP>

    ジャズ&オーディオ・ファンの間で至高のオーディオファイルとして 認知されている、ヘルゲ・リエンのレインボー・スタジオ(オスロ)録音 2作品が、CRAFTMAN RECORDSクオリティでLP化!!
    「スパイラル・サークル」同様、各オーディオショウにて頻繁に試聴サンプルとして使用されている人気オーディオファイル!!
    2019年〔アナログ盤プレス専用〕最新リマスター!!

    ・録音2006年1月3~6日 オスロ、レインボー・スタジオ
    ・180g重量盤 
    ・マスター盤プレッシング
    ・2019年〔アナログ盤プレス専用〕最新リマスター

    ・アナログ盤企画・監修:塙耕記

    3位ブロンズ透過PNG
    Portrait In Jazz(ULTRA DISC ONE STEP: 45RPM 180G 2LP BOX SET)
    BILL EVANS ビル・エヴァンス

    BILL EVANS / ビル・エヴァンス / Portrait In Jazz(ULTRA DISC ONE STEP: 45RPM 180G 2LP BOX SET)


    ※限定商品の為、現在のところ入荷数未定となります。お渡しはご予約先着順とさせて頂きます。
    ※ご予約頂いても商品がご用意できない場合がございます。予めご了承のほどよろしくお願いいましたします。
    ※MOBILE FIDELITY商品はレーベルの特性上、正確な入荷予定時期は完全未定となります。なかには半年以上に渡る延期・遅延の可能性もございます。その際には、同時購入商品との分割発送やキャンセルのご案内をさせていましただく場合もございますので、何卒ご了承ください。


    ジャズ史に永遠に輝き続ける大名盤「Waltz for Debby」と並んで評される1枚 ビル・エヴァンス 「Portrait In Jazz」がMOBILE FIDELITYから限定ナンバリング入りULTRADISC ONE-STEP仕様45回転2LPボックス・セットで登場!!

    MOBILE FIDELITYが贈る新たな規格、ULTRADISC ONE-STEP (UD1S)シリーズの一枚。まるで3D体験のような新たな高みに到達したというUD1Sシリーズは、これまでのスリー・ステップ・プロセスから大きく進化、生産過程でよりノイズを抑え、より音の詳細を再現、大幅にダイナミクスを向上させることに成功したワン・ステップ・ラッカー・プロセスを採用。高音質盤ファンから圧倒的な信頼を得るMOBILE FIDELITYが「ウルトラ・ハイ・ファイ・エディション」と宣言する新たな次元の聴取体験をぜひお手元に。
    Bill Evans Trio - Portrait In Jazz

     


    TOP4
    Begin Again(LP)
    NORAH JONES ノラ・ジョーンズ

    NORAH JONES / ノラ・ジョーンズ / Begin Again(LP)
    ★シンガー・ソングライターとして更なる進化を遂げた、2年半ぶりの新作、緊急世界同時発売!

    ●2016年にアルバム『デイ・ブレイクス』のリリース後、長期に渡るプロモーション、そしてアルバムを引っさげてワールド・ツアーを行なったノラだったが、昨年、ひっそりとスタジオに入り、“songofthemoment”(ソング・オブ・ザ・モーメント) という、何の期待も境界線も持たずに、ただクリエイティヴな道に没頭して音楽を作れるという純粋な喜びを楽しみながら、友人達とほぼ全て即興というセッションを行ない、配信にて昨年夏から4曲をデジタル・オンリーでシングルを次々にリリース。それらは魅惑的なエレクトロニック・サウンド、厳格なアコースティック・フォーク・バラード、オルガンとホーン満載のソウル・ソングまで、様々なジャンルを網羅。

    ●今作では更に3曲の新曲(M-2,M-5,M-7)を追加した内容で現在先行配信中の新曲「ジャスト・ア・リトル・ビット」は、ノラ自身のプロデュースで、彼女のヴォーカル、ピアノ、オルガンの他に、ブライアン・ブレイドのドラムス、クリストファー・トーマスのベース、デイヴ・ガイのトランペット、レオン・マイケルズのテナー・サックスが堪能できる。

    ●ノラのクリエイティヴィティを色々な角度から撮影した7枚のスナップ写真のような作品。
     


    TOP5
    ニュー・ヘリテイジ・オブ・リアル・ヘビー・メタル 3
    NHORHM エヌ・エイチ・オー・アール・エイチ・エム

    NHORHM / エヌ・エイチ・オー・アール・エイチ・エム / ニュー・ヘリテイジ・オブ・リアル・ヘビー・メタル 3

    各所で話題騒然となったジャズピアニスト西山瞳によるヘヴィメタル楽曲カバープロジェクト”NHORHM”の第三弾『New Heritage Of Real Heavy MetalIII』アナログリリース!!
    ジャズとメタルを越境して注目されるプロジェクト”NHORHM”の三部作の完結編、待望のアナログ化!
    各ショップのオンライン売上もジャズカテゴリーで1位を獲得するなど、かつてない異例の注目を集めるジャズピアニストとして活動する西山瞳のピアノトリオプロジェクト
    『NHORHM(エヌ・エイチ・オー・アール・エイチ・エム)』。

    音楽サイトMikikiにてメタルについての連載を持ち、BABYMETALのファンクラブに入るほどの大ファンであることが知られるなど、メタルファンの間でも広く認知される存在となった。

    前作よりおよそ2年ぶりリリースされた第三弾アルバムは、MetallicaやAnthrax、Slipknot、等これまで取り上げていなかったメタルバンドの楽曲をカバー。ゲストミュージシャンには、EXILE ATSUSHIやスガ シカオのコーラス、映画やCMソングなどの幅広い活動を行うシンガーのマヤ・ハッチが参加、Dioの名曲Holy Diverを歌う。
    そして、もう一人のゲストに人気ガールズメタルバンドMaryʼs BloodよりギタリストのSAKIが参加。西山瞳のオリジナル楽曲をラウドかつハイテクニックなギタープレイで弾き倒す。アルバムの最後は敬愛する日本のメタルバンド聖飢魔IIの名曲EL.DORADOをカバー、メタルカバーアルバム三部作の有終の美を飾る。


    • 前の記事へ

      最も注目すべきアーティストの一人クリスチャン・スコット待望の最新作「アンセストラル・リコール」がリリース

      JAZZ

      2019.03.22

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      堀秀彰と馬場孝喜によるデュオ・ユニット"DUO TREMOLO"の1stアルバム「Resonance」がリリース

      JAZZ

      2019.03.20

    • 一覧へ戻る