fox capture plan 東海テレビ「オトナの土ドラ」枠 新ドラマ劇中使用楽曲集が発売

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2018.01.24

    • LINE

    • メール

    TBSドラマ「カルテット」に続き、
    東海テレビ「オトナの土ドラ」枠 新ドラマ劇中使用楽曲集発売




    fox capture plan フォックス・キャプチャー・プラン
    SEPT


    <SEPT>
    美しいピアノの旋律から始まりストリングスで広がっていく1SEPT-THEME #1。随所にベースと低音鍵盤が掛け合うドロップが仕込まれ、最後はスッと伸びたバイオリンとベースの刻みで終わり、壮大で重厚でありながら中には爽やかさを感じさせる。

    2SEPT-THEME #2からは、まるで語り歌っているかのようなピアノが、冷静でありながら聴き手を高揚させ、一聴すればfcpと解る程に彼らの色が濃く出ている楽曲達が続く。

    89SEPT-EXPLOSIONは曲名の通りこのアルバムで一番弾けていて熱量が多いセクションだ。Digital, Jazz, Rockという一見異端な組合せを、高いレベルで融合させ新しいジャンルへと昇華している。

    中盤である10からのSEPT-MYSTERYのセクションは、手の込んだビートエフェクトに耳を奪われる所為か、遊泳しているかのようなトリップ感覚が残る。

    17SEPT-MENTALITY #1からは鍵盤を中心とし、少ない音数と絶妙な間で、様々な心情を表現。
    序盤のSEPT-THEMEの別Ver.が22からの終盤に収録され、より穏やかでリラックスした雰囲気で終奏。

    アルバムを通して、ジャズで見られる良い意味の野暮ったさや泥臭さが希薄なのは、音響デザインが極めて優れているからだと言える。最早ジャズという枠に捕らわれず、あらゆるジャンルを吸収してシーンを席巻するfcpの進化はとどまることを知らない。

    関連ニュース
    【オンラインショップ限定商品】fox capture plan、コラボグッズ数量限定販売決定

    • 前の記事へ

      fox capture plan NHKドラマ「この声をきみに」で使用された劇伴楽曲集が発売

      JAZZ

      2018.01.24

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      本日発売!!デイヴ・ベイリー 「Bash!」がCRAFTMAN RECORDSクオリティでアナログ盤復刻

      JAZZ

      2018.01.24

    • 一覧へ戻る