2017年最後のビッグタイトル!! ジャコ・パストリアス・ビッグ・バンドの伝説の“武道館”ライヴの初の2枚組「LPアルバム」が登場

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2017.12.22

    • LINE

    • メール
    エレクトリック・ベースの革命と同じように、ジャコは作曲力と構想力、想像力でビッグ・バンドでも新しいサウンドを生み出した!!!
    超スタンダード&名曲の「ドナ・リー」から始まる、この興奮をあなたに!!


    JACO PASTORIUS ジャコ・パストリアス
    DONNA LEE - LIVE AT BUDOKAN '82 / ドナ・リー .ライヴ・アット・武道館'82


    ●これはジャコが抱いていたビッグ・バンド・ミュージックへの愛の結晶であり、ジャコの野望が実現したものだ。
    ●本 LP アルバムは、1983 年にリリースされた 2 枚組ライヴ・アルバム「Twins1 &II」(ワーナー・ミュージック)に収録されている楽曲ではない“別バージョン”(<インヴィテイション>以外の 6 曲)が聴けるのがジャコ・ファンにはうれしいところ。
    ●ジャコのビッグ・バンドは、通常の基本的に全員が対等な関係にある典型的なビッグ・バンドではなく、ジャコのコンボ(ベース、サックス、トランペット、スティール・ドラム、ドラム、パーカッションによるセクステット)による拡大版だった。それでいてビッグ・バンドというもの理想の“質感”をとらえているところがジャコの素晴らしさ。
    ●ジャコ・ビッグ・バンドの大きな特徴は、従来のバンドのようにギターやピアノといったコード楽器がないところで、逆にジャコはホーン・セクションをコード楽器として使い、その間をジャコ独特の歌うようなグルーヴィーなベース・ラインがからんでいくという魅力的なアプローチだった。
    ●音質も上々。CD 盤(ALT-10001)とは別の LP 用アナログ・マスターテープを製作、さらに音楽の持つダイナミクスを活かすために、詰め込みすぎず余裕を持ってカッティング。アナログ本来の持ち味を獲得した。より鮮明になったジャコのベースの生々しさは要注目。


    ★限定数生産盤★

    ★収録予定曲★

    【LP1-A】 1. ドナ・リー
    【LP1-B】 2. リバティ・シティー 3. インヴィテイション

    【LP2-A】 4.ソウル・イントロ〜ザ・チキン 5.ソフィスティケイテッド・レイディー
    【LP2-B】 6.エレガント・ピープル 7. レザ / ジャイアント・ステップス/レザ

    ※(3. インヴィテイション以外すべてが未発表バージョン)
    ※1982年9月1日/東京、日本武道館ライヴメンバー:ジャコ・パストリアス・ビッグ・バンド

    (メーカーインフォより)

    • 前の記事へ

      「バー・ミュージック」の店主・中村智昭によるレーベルより2017年最新盤がリリース

      JAZZ

      2017.12.22

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      ESOTERIC SACD発売10周年記念限定盤「グレート・ジャズ・セレクション 6」発売

      JAZZ

      2017.12.22

    • 一覧へ戻る