英国Honest Jon'sよりフリージャズ重要作品3タイトルがアナログ・リイシュー

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2018.06.05

    • LINE

    • メール
    「Honest Jon's」の画像検索結果
    DEREK BAILEY / デレク・ベイリー / Solo Guitar Volume 1(2LP) ANTHONY BRAXTON / アンソニー・ブラクストン / Royal(2LP) DEREK BAILEY / デレク・ベイリー / Derek Bailey & Han Bennink(2LP)

    ▼▼▼リリースタイトルはこちら▼▼▼

    DEREK BAILEY デレク・ベイリー
    Solo Guitar Volume 1(2LP)

    DEREK BAILEY / デレク・ベイリー / Solo Guitar Volume 1(2LP)

    数多くのミュージシャンに影響を与えた伝説の音楽家デレク・ベイリーが1971年に録音したフォースト・ソロ・アルバム「Solo Guitar Volume 1」が英国Honest Jon'sより初アナログ・リイシュー!今回はCD盤と同じくトラックリストを変えた2ヴァージョンを網羅し2LPに収録しています。
    アビーロード・スタジオでオリジナル・マスターから新規起こし&リマスタリングされ、オリジナル盤で何回も聴いた方も期待の音質です。
    そして1972年にヨーク大学にて録音された未発表音源も追加収録された、オリジナル盤を持っている方もCDを持っている方も注目のリリース。



    ANTHONY BRAXTON アンソニー・ブラクストン
    Royal(2LP)

    ANTHONY BRAXTON / アンソニー・ブラクストン / Royal(2LP)

    1974年7月2日イギリス近郊ルートンにあるロイヤル・ホテルで録音されたライヴ録音が初リイシュー!
    当日の模様はINCUS 43、INCUS 44と規格番号が割り振られリリース予定でしたが、実際にリリースされたのは本作のオリジナル盤INCUS 43のみでした。今回のリイシューはそのお蔵入りとなっていたINCUS 44の音源も収録したまさに完全盤!!リイシュー元の英国Honest Jon'sに拍手を!!
    アビーロード・スタジオでオリジナル・マスターから新規起こし&リマスタリングされ、オリジナル盤で何回も聴いた方も期待の音質。
    伝説のセッションが遂に日の目を見ます。フリー・ジャズ・ファンは必聴の1作!!



    DEREK BAILEY デレク・ベイリー
    Derek Bailey & Han Bennink(2LP)

    DEREK BAILEY / デレク・ベイリー / Derek Bailey & Han Bennink(2LP)

    オリジナル盤は1972年にリリースされた、数々のミュージシャンに多大なる影響を与えた伝説の音楽家デレク・ベイリーと現在でも活動を続けるフリージャズ界を代表するドラム鉄人ハン・べニンクのデュオ作品がアナログ・リイシュー!オリジナル収録の楽曲に加え、今回が初出となる未発表曲を3曲も収録した往年のファンも注目の1作。
    アビーロード・スタジオでオリジナル・マスターから新規起こし&リマスタリングされ、オリジナル盤で何回も聴いた方も期待の音質です。
    オリジナル盤は高価だったために嬉しいリイシュー。フリー・ジャズ道で必ず1度は聴きたい必須盤です!!

    関連ニュース
    ■知る人ぞ知るフリー・ミュージック重要レーベルBead Recordsのオリジナル・デッドストックが入荷



    ■フリー~アヴァンギャルドの良質レーベルCORBETT VS. DEMPSEYから良質盤が一挙入荷
    EUGENE CHADBOURNE / ユージン・チャドボーン / Lost Eddie Chatterbox Session

    ■90年代に出版された"フリージャズ・カタログ"著者ご本人所有分が特別入荷!


    ■オランダが誇るフリー・ジャズ・レーベル〝ICP〟カタログコンプリートBOXが再入荷!
    • 前の記事へ

      英国JAZZMANの人気シリーズ「Spiritual Jazz」第8弾がリリース!今回の舞台はなんと日本!

      JAZZ

      2018.06.05

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      国産ジャズ/アンビエント作品の中でも最高峰にして最難関 濱瀬元彦幻の名盤『インタグリオ』が30年以上の時を超えて再レコーディング!

      JAZZ

      2018.06.04

    • 一覧へ戻る