フレンチ・ジャズ界最重要人物の一人ジェフ・ギルソン絶頂期の1作がアナログ・リイシュー!

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2018.05.21

    • LINE

    • メール
    ジェフ・ギルソン絶頂期の1作がアナログ・リイシュー決定!!
    70年代フレンチ・ジャズ極上の音世界を是非ご体感あれ!!



    2008年「KINDRED SPIRITS」以来、10年ぶりの再発決定!!
    フレンチ・ジャズ界最重要人物の一人ジェフ・ギルソンとキラー・レアグルーヴ作品で知られるハル・シンガーによる激レア盤にして70年代フレンチ・ジャズ極上の1作「Soul Of Africa」がアナログ・リイシュー!!

    オリジナルは1974年にリリースされた70年代フレンチ・ジャズ極上の1作にしてスピリチュアル・ジャズやレア・グルーヴ、アヴァンギャルドや面白い音楽を探究する音楽マニアの中でも人気の高い「Soul Of Africa」が10年ぶりにリイシュー!近年少しずつではありますがギルソンの作品がリイシューされファンには嬉しい限りです!!

    土の匂いを感じさせる土着的なリズムに幻想的で浮遊感溢れる演奏が素晴らしいキラー・アフロ・ジャズ「Libertarian」、ドスの効いたベースラインにタイトなドラム、まるで水滴がはじけるようなみずみずしいピアノにサックスが絡む「Garvey's Strut」、"カタカタ"とぜんまい式の人形が動いてるかのような良い意味でイビツなリズム感覚が面白い「mother africa」など、1曲たりとも聴き逃せない極上のジャズアルバム。
    アブラがノリにのった絶頂の70年代初頭のギルソンの音世界を是非ご体感あれ!!

    ■Bass – Jacky Samson
    Drums – Frank Raholison
    Ensemble – Malagasy Rhythm
    Percussion – Del Rabenja, Gerard Rakotoarivony
    Piano – Jef Gilson
    Tenor Saxophone – Hal Singer
    Vibraphone – Bernard Lubat

    • 前の記事へ

      70年代ユーロ・ジャズ・ファンク~フュージョン最高傑作の一つがアナログ復刻!

      JAZZ

      2018.05.21

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      昔から現代をビジュアル的に捉える 「ジャズ・パースペクティヴ」VOL.16が発刊 特集ノルウェー / フィンランド / エストニアジャズ

      JAZZ

      2018.05.18

    • 一覧へ戻る