現在最も注目を浴びるジャズ奏者のひとり、クリスチャン・スコット、<ジャズ100周年三部作>が完結

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2018.01.12

    • LINE

    • メール
    現在最も注目を浴びるジャズ奏者のひとり、クリスチャン・スコット
    <ジャズ100周年三部作>が完結!!



    ※デジパック / 帯付き国内盤仕様
    ジャズ生誕100周年である2017年にリリースしてきた3部作の最終章が待望のリリース。
    第三弾は「エマンシペイション・プロクラスティネーション」と題され深いメッセージ性の強い作品となっています。「ルーラー・レベル」、「ディアスポラ」、「エマンシペイション・プロクラスティネーション」と3つのテーマにより制作された<ジャズ100周年三部作>が完結。
     
    録音には、不動のバンドメンバー、エレーナ・ピンダーフューズ、ブラクストン・クック、クリス・ファン、コーリー・フォンヴィルのほか、盟友マシュー・スティーヴンス、マーカス・ギルモアらが参加。プロデュースはこれまで同様クリス・ダンとの共同プロデュースにより制作されました。
    数々のグループで世界を廻り様々な音楽家と共演するクリスチャン・スコットが放つ2017年度の大作を聞き逃す訳にはいきません。

    • 前の記事へ

      【在庫残少】2016年に発売された日野元彦「流氷」、残り在庫が極わずか!!

      JAZZ

      2018.01.15

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      イスラエルの天才ピアニスト、ニタイ・ハーシュコヴィッツ参加!スペインのドラマーが率いるピアノトリオ作品が入荷

      JAZZ

      2018.01.12

    • 一覧へ戻る