ファンキー・ジャズ名盤にして基本!ハロルド・アレキサンダー「Sunshine Man」がアナログ・リイシュー

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2018.02.14

    • LINE

    • メール
    ファンキー・ジャズ名盤にして基本の1枚!
    やっぱり何回聴いてもカッコイイです!


    超強烈なキラー・ファンク・ジャズ「Mama Soul」をした収録Harold Alexander1971年名作「Sunshine Man」がアナログ・リイシュー決定!全編ファンクネスが貫く名盤にて基本盤を是非アナログで!!
    レア・グルーヴ本にも掲載され多くのグルーヴ・マニアからの人気も高いフルート奏者Harold Alexanderが名門Flying Dutchmanに残した初アルバム。
    雄叫びとフルート、動かくずにはいられないファンキー・ビートが織り成す極上のグルーヴ「Mama Soul」、1970年代のアメリカ映画にも流れていそうなスタイリッシュでスマートなノリが最高にカッコイイ「Tite Rope」、ハード・バップもこの人が演奏するとファンキーに聴こえる「Clean-Up」など収録、ファンキー・ジャズ名盤にして基本の1枚!!やっぱり何回聴いてもカッコイイです!!

    ■Harold Alexander(fl,ss)
    Neal Creque(key)
    Richard Davis(b)
    Bernard "Pretty" Purdie(ds)
    Richard Landrum(per)

    • 前の記事へ

      初期ビル・エヴァンスが参加した作品として知られる「Message From Garcia」がアナログ・リイシュー

      JAZZ

      2018.02.14

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      【大好評発売中】Blue Noteから会員限定BOX、"BLUE NOTE REVIEW"発売

      JAZZ

      2018.02.14

    • 一覧へ戻る