フィンランドのレーベルSVART RECORDSから新作5タイトルが入荷!

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2018.03.28

    • LINE

    • メール




    ▼▼▼入荷タイトルはこちら▼▼▼
    V.A. オムニバス
    Jazz-Liisa 16(LP/Limited Yellow Vinyl)

    V.A. / オムニバス / Jazz-Liisa 16(LP/Limited Yellow Vinyl)

    ※LP / Limited Yellow Vinyl / 200枚限定
    現在でもアクティブに活動するフィンランドの歴史あるビッグバンドPori Big BandとTapiola Big Bandの70年代の貴重な音源を収録したアナログ盤が200枚限定イエロー・ヴァイナルでリリース。
    A面にはMARKKU KOKKO指揮によるPORI BIG BANDの演奏を収録。1976年3月31日にヘルシンキのラジオ局でのライブ音源。
    B面はMARTTI LAPPALAINEN指揮によるTAPIOLA BIG BANDの演奏を収録。1977年2月16日A面同様ヘルシンキのラジオ局でのライブ音源。




    V.A. オムニバス
    Jazz-Liisa 17(LP/Limited Green vinyl)

    V.A. / オムニバス / Jazz-Liisa 17(LP/Limited Green vinyl)

    ※LP / Limited Green vinyl / 200枚限定
    フィンランドのベーシスト・作曲家Teppo Hauta-ahoとフィンランドのフリー・ジャズ名作「Nana」で知られるドラマーEdward VesalaにA面にはピアニストEsa Helasvuoが、B面には後期コルトレーンを彷彿とさせるサックス奏者Juhani Aaltonenが参加したスタジオライブ音源がアナログ盤200枚限定グリーン・ヴァイナルでリリース。
    1973年1月23日ヘルシンキのラジオ局での貴重な録音。



    EDWARD VESALA エドワード・ヴェサラ
    Jazz-Liisa 18(LP/Limited Orange Vinyl)

    EDWARD VESALA / エドワード・ヴェサラ / Jazz-Liisa 18(LP/Limited Orange Vinyl)

    ※LP / Limited Orange Vinyl / 200枚限定
    1970年にリリースされたフィンランドのフリー・ジャズ名作「Nana」やPeter Brötzmann「Hot Lotta」、Tomasz Stańko「TWET」の参加で知られるドラマーEdward Vesalaの1974年の貴重なアンサンブルの音源がリリース!
    最大9人によるアンサンブルの音圧と迫力、音の重ね方やグラデーションのようなレイヤー感など聴き所の多い刺激的な1枚。
    1974年1月30日録音。





    V.A. オムニバス
    Jazz-Liisa 15 & 16

    V.A. / オムニバス / Jazz-Liisa 15 & 16

    フィンランド・ジャズの貴重な音源をリリースするJazz-Liisaシリーズの15番と16番をセットにたお得なCD。

    Jazz-Liisa 15
    70年代初期から数々の名バンド/プロジェクトに参加/活躍するFinish Jazz/Sessionシーンを代表する名sax奏者Sakari Kukkoを中心に'74年結成されたPiirpaukeとそのメンバーも参加するTAPIO TUOMINEN TRIOの音源を収録した作品が200枚限定でリリース。両者とも75年録音のためPiirpauke初期音源としても貴重な1作。

    Jazz-Liisa 16
    現在でもアクティブに活動するフィンランドの歴史あるビッグバンドPori Big BandとTapiola Big Bandの70年代の貴重な音源を収録。
    MARKKU KOKKO指揮によるPORI BIG BANDの演奏は1976年3月31日にヘルシンキのラジオ局でのライブ音源。
    MARTTI LAPPALAINEN指揮によるTAPIOLA BIG BANDの演奏を収録は1977年2月16日ヘルシンキのラジオ局でのライブ音源となっている。


    V.A. オムニバス
    Jazz-Liisa 17&18

    V.A. / オムニバス / Jazz-Liisa 17&18

    フィンランド・ジャズの貴重な音源をリリースするJazz-Liisaシリーズの17番と18番をセットにしたお得なCD。

    Jazz-Liisa 17
    フィンランドのベーシスト・作曲家Teppo Hauta-ahoとフィンランドのフリー・ジャズ名作「Nana」で知られるドラマーEdward VesalaにピアニストEsa Helasvuoと後期コルトレーンを彷彿とさせるサックス奏者Juhani Aaltonenが参加したスタジオライブ音源。
    1973年1月23日ヘルシンキのラジオ局での貴重な録音。

    Jazz-Liisa 18
    1970年にリリースされたフィンランドのフリー・ジャズ名作「Nana」やPeter Brötzmann「Hot Lotta」、Tomasz Stańko「TWET」の参加で知られるドラマーEdward Vesalaの1974年の貴重なアンサンブルの音源がリリース!
    最大9人によるアンサンブルの音圧と迫力、音の重ね方やグラデーションのようなレイヤー感など聴き所の多い刺激的な1枚。
    1974年1月30日録音。

    • 前の記事へ

      JAZZ WORKSHOPより50~60年代ハードバップ良質盤3タイトルが再入荷!

      JAZZ

      2018.03.28

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      大西順子「ヴェリースペシャル」「グラマラス・ライフ」アナログ盤がアンコールプレス!!

      JAZZ

      2018.03.28

    • 一覧へ戻る