フレディ・ハバード生誕80周年 Blue Note5作品が初SHM-CD化!!

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2018.04.04

    • LINE

    • メール

    フレディ・ハバード生誕80周年
    Blue Note5作品が初SHM-CD化!!

    FREDDIE HUBBARD / フレディ・ハバード / GOIN' UP / ゴーイン・アップFREDDIE HUBBARD / フレディ・ハバード / HUB CAP / ハブ・キャップ +1FREDDIE HUBBARD / フレディ・ハバード / READY FOR FREDDIE / レディ・フォー・フレディ +2
    FREDDIE HUBBARD / フレディ・ハバード / BLUE SPIRITS / ブルー・スピリッツ +2FREDDIE HUBBARD / フレディ・ハバード / WITHOUT A SONG(LIVE IN EUROPE 1969) / ウィズアウト・ア・ソング(ライヴ・イン・ヨーロッパ1969)

    2018年4月に生誕80周年を迎えるジャズ&フュージョン黄金期を支えた人気トランペッター、フレディ・ハバードのブルーノート作品の中から、SHM-CD化されていなかった名盤5タイトルをリイシュー。

    アーティストプロフィール
    1938年4月7日インディアナポリス生まれ。1960年代以降の最重要トランペッターのひとり。人気実力とも、巨人というべき存在だ。フレディの演奏はモダン・ジャズの本流を行くスタイル。スピーディーかつパワフル、エキサイティングな魅力にあふれる。1958年にニューヨークへ進出後、すぐに頭角をあらわした。1960年にブルーノートへ初リーダー・アルバム『オープン・セサミ』を録音。それ以降はブルーノート、そして60年代ジャズを代表するミュージシャンのひとりとして多数の名作を残した。61~63年はリー・モーガンの後釜としてアート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズに在籍。その後は自己のグループで活躍した。70年代はハービー・ハンコックなどのオールスター・グループ、VSOPクインテットで話題を呼んだ。代表作は初リーダー作の他に、『ブレイキング・ポイント』『ハブ・キャップ』『ザ・ナイト・オブ・ザ・クッカーズVol.1&2』などがある。

    ▼▼▼リリースタイトルはこちら▼▼▼

    FREDDIE HUBBARD フレディ・ハバード
    GOIN' UP / ゴーイン・アップ

    FREDDIE HUBBARD / フレディ・ハバード / GOIN' UP / ゴーイン・アップ

    名曲「エイジアティック・レエズ」(別名ロータス・ブロッサム)の快演で始まる名作。若き日の技巧派トランペッターの溌剌たるプレイ。

     



    FREDDIE HUBBARD フレディ・ハバード
    HUB CAP / ハブ・キャップ +1

    FREDDIE HUBBARD / フレディ・ハバード / HUB CAP / ハブ・キャップ +1

    ブルーノートRVGコレクション60年代ジャズ・トランペット界を代表する若獅子フレディ、初期の決定打。彗星のごとくジャズ・シーンにあらわれたフレディの才能を多角的に照らし出した初期の代表作。この録音直後に彼が加入したジャズ・メッセンジャーズに通じる3管サウンドがこよなく魅力的。

    ■フレディ・ハバード(tp)
    ジュリアン・プリースター(tb)
    ジミー・ヒース(ts)
    シダー・ウォルトン(p)
    ラリー・リドリー(b)
    フィリー・ジョー・ジョーンズ(dr)



    FREDDIE HUBBARD フレディ・ハバード
    READY FOR FREDDIE / レディ・フォー・フレディ +2

    FREDDIE HUBBARD / フレディ・ハバード / READY FOR FREDDIE / レディ・フォー・フレディ +2

    ブルーノートRVGコレクション第2期ウェインと初共演、コルトレーンのリズム隊をバックにした三管の快作。

     

    フレディ・ハバード(tp)
    バーナード・マッキニー(euphonium)
    ウェイン・ショーター(ts)
    マッコイ・タイナー(p)
    アート・デイヴィス(b)
    エルヴィン・ジョーンズ(ds)



    FREDDIE HUBBARD フレディ・ハバード
    BLUE SPIRITS / ブルー・スピリッツ +2

    FREDDIE HUBBARD / フレディ・ハバード / BLUE SPIRITS / ブルー・スピリッツ +2

    レディ・ハバードが7枚目に残したリーダー・アルバム。前作『ブレイキング・ポイント』の続編とも呼べる新主流派を打ち出した隠れた名盤。



    FREDDIE HUBBARD フレディ・ハバード
    WITHOUT A SONG(LIVE IN EUROPE 1969) / ウィズアウト・ア・ソング(ライヴ・イン・ヨーロッパ1969)

    FREDDIE HUBBARD / フレディ・ハバード / WITHOUT A SONG(LIVE IN EUROPE 1969) / ウィズアウト・ア・ソング(ライヴ・イン・ヨーロッパ1969)

    1969年に開催された「ジャズ・ウェイヴ・リミテッド」ツアーで演奏された楽曲のなかから、ベストテイクを集めて2009年に発売された作品。フレディ自身が「最高の演奏」と語るようにフレディ・ハバードの全盛期の熱いソロを聴くことが出来る必聴盤。同作の選曲、ミキシング、曲順にはフレディ・ハバード自身も携わった。

     


    • 前の記事へ

      2004年にリリースされたビル・エヴァンス「Explorations」のSACDが再リリース!!

      JAZZ

      2018.04.04

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      フリー・ジャズ・グループDharmaの作品が一挙4作品初アナログ・リイシュー!!

      JAZZ

      2018.04.04

    • 一覧へ戻る