名ピアニスト、ケニー・バロンがクインテット作品にて名門BLUE NOTEデビュー

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2018.05.15

    • LINE

    • メール

    ケニー・バロン2年ぶりの新作はクインテット作品!!
    名門BLUE NOTE初リーダー作の注目盤!!

    KENNY BARRON / ケニー・バロン / Concentric Circles

    ★Kenny Barronの2016年トリオ作品『The Book of Intuition』以来となる2年ぶりの新作は久々のクインテット作品。

    ■前作でも一緒だったリズム隊の2人Kiyoshi Kitagawa (b) Johnathan Blake(ds) はそのままにテナー/ソプラノ・サックス奏者Dayna StephensとトランペッターMike Rodriguezが加わった。「もっと多くを書けるのでクインテット作品を作りたかった」とバロン。その言葉の通り、これまで録音したことのないオリジナルを多く収録している。

    ■“DPW” はアップ・テンポのハード・バップで、バロンの近所ブルックリンのDitmas Park Westにオマージュした2013年に作った楽曲。ジャズ・メッセンジャーズや1960年代のマイルスのクインテットを髣髴とさせるオープニングにふさわしい1曲!

    ■ほかにもワルツ風のタイトル・トラック“Concentric Circles”、 Blakeの奏でる 6/8 リズムが美しい “Blue Waters,” バラードの"A Short Journey,” などのオリジナルに加え、 ガル・コスタのヴァージョンでバロンが知り、ブラジル音楽への愛が詰まっているCaetano VelosoとCezar Mendes の共作曲 “Aquele Frevo Axe” なども収録。

    ■2009年の映画『Another Harvest Moon』に提供した楽曲 “In the Dark,” ラテン・リズム愛あふれる “Baile,”  Lenny Whiteのオリジナル “L’s Bop” そして最後にはモンクをソロで披露。
    (新譜案内より)

    (パーソネル)
    Kenny Barron (p)
    Kiyoshi Kitagawa(b)
    Johnathan Blake(ds)
    Mike Rodriquez(tp,flgh) Dayna Stephens(sax)

    • 前の記事へ

      現代のシカゴ・ジャズの最先端が集結!! Ears & Eyes Recordsレーベル作品が入荷!!!

      JAZZ

      2018.05.15

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      【再入荷】Bill Evansなど名ピアニストの生まれ変わりか!?と評されるニューカマーGabriel Latchinのデビュー盤が入荷!

      JAZZ

      2018.05.15

    • 一覧へ戻る