ハードバップ・ファンへ大推薦!トランぺッターSimon Ploetzenederの2018年作がリリース!

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2018.04.20

    • LINE

    • メール
    洗練された作曲スキルとストレートアヘッドな演奏
    ハードバップ・ファンへ大推薦です!!

    SIMON PLOETZENEDER / 145th & St.Nick'S


    ※デジパック
    1987年オーストリア生まれのトランぺッターSimon Ploetzenederの2018年作。
    メロウなFender Rhodesと往年のモダン・ジャズを彷彿とさせるテーマで心地よく聴かせる"Waltz for Andi"でアルバムの幕開けますが、この冒頭曲を気に入った方なら本アルバムを気に入るであろうまさにリスナーの心を捉える1曲。
    続く"145th & St. Nick's Blues"では各人のスキルが堪能できるアップテンポなハードバップが披露され、3曲目"Just A Ballad"ではRhodesの揺れと心地よいテンポ感でクールダウンさせてくれる1曲。冒頭からアルバムとして良い流れで聴かせてくれるところも良いです!
    全曲洗練された作曲スキルとストレートアヘッドな演奏にハードバップ・ファンへ大推薦の1作となっております。

    ■Simon Ploetzeneder (tp,flh)
    Martin Reiter (elp)
    Karol Hodas (b)
    Wolfi Rainer (ds)

    Simon Plötzeneder Quartet - Joe's Mode


    Simon Plötzeneder Quartet - Things

    ソングリスト