<在庫残少>エソテリック JAZZリリースタイトル一覧

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2018.05.30

    • LINE

    • メール
    エソテリック JAZZリリースタイトル一覧
    まだ間に合います!!
    メーカー完売・生産終了タイトル多数のため在庫限り!
    既に在庫残りわずかのためご購入はお早めに!!


    ▼▼▼エソテリック JAZZリリースタイトルはこちら▼▼▼
    ESOTERICからマスターサウンドで鮮烈によみがえる。JAZZ黄金期の「ヴァーヴ6ベストアルバム」
    V.A.(ESOTERIC) / VERVE 6 GREAT JAZZ / ヴァーヴ・6グレート・ジャズ

    エソテリックからマスターサウンドで鮮烈によみがえる。
    JAZZ黄金期の「ヴァーヴ6ベストアルバム」


    ジャズ専門レーベルとは一線を画した豪華メンバーによるセッション
    ヴァーヴ・レーベルは1950年代後半、ジャズ界の名プロデューサー、ノーマン・グランツ(1918-2001年)が創設したジャズ・レコード最大のリリース枚数を誇る名門です。グランツはロサンゼルスの学生時代(UCLA)からジャズ・コンサートの企画を始め、44年にロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団の本拠地フィルハーモニック・オーディトリアムで大々的なコンサートの興行に着手します。それが後に70年代前半まで世界中を賑わせたJ.A.T.P.(Jazz At The Philharmonic)です。錚々たるメンバーによるジャム・セッションを基調とした演奏合戦は大好評を博し、グランツはそうした大スターたちの演奏を記録し、自身のレーベル「クレフ」を創設、レーベルは「ノーグラン」と名を変え、50年代半ばを過ぎて「ヴァーヴ」へと移行して、そうした名手の演奏を発売していきました。その後60年代になると「ヴァーヴ」は敏腕プロデューサー、クリード・テイラーが『ゲッツ・ジルベルト』『プリーズ・リクエスト/オスカー・ピーターソン』『ザ・キャット/ジミー・スミス』などのヒット作を連発しますが、今回はノーマン・グランツの息がかかったジャズ界の重鎮の名演にスポットを当てた50年代の作品6点が選ばれています。登場人物をざっと見渡してもジャズ界にその名が轟く大物ばかりです。
    トランペット:ディジー・ガレスピー、ルイ・アームストロング、ハリー・エディソン、ロイ・エルドリッジ
    サキソフォン:レスター・ヤング、ベン・ウェブスター、イリノイ・ジャケー、ソニー・スティット、ソニー・ロリンズ
    ギター:ハーブ・エリス
    ピアノ:アート・テイタム、デューク・エリントン、テディ・ウィルソン、オスカー・ピーターソン
    ベース:レイ・ブラウン
    ドラムス:ジョー・ジョーンズ、バディ・リッチ
    ヴォーカル:ルイ・アームストロング、エラ・フィッツジェラルド
    ブルーノート、プレスティッジといった若手を中心としたジャズ専門レーベルとは一線を画した、豪華なメンバーによるヴァーヴならではのセッションをご堪能下さい。

    最高の状態でのSuper Audio CDハイブリッド化が実現
    ジャズでステレオ化が主流になったのは50年代の後半からですが、いまだに主流はモノーラルの時代、ここでは1作を除いてモノーラル録音ではありますが、しっかりとした充実度の高い音質を確保するように、綿密な製作工程を実践し、往年の名手の生々しい楽器の音色、リアルなヴォーカルの再生……、これらを考慮しながら、エソテリック特有の丁寧なマスタリング、製盤作業を行いました。
    各ディスクで録音状況に違いはありますが、通常のESOTERIC盤と同様に「マスターに残された音、そのものを再現する」ように心がけています。今回のSuper Audio CD ハイブリッド化に当たっては、これまで同様、使用するマスターの選定から、最終的なDSDマスタリングの行程に至るまで、妥協を排した作業が行われています。特にDSDマスタリングにあたっては、DAコンバーターとルビジウムクロックジェネレーターに、入念に調整されたESOTERICの最高級機材を投入、またMEXCEL ケーブルを惜しげもなく使用することで、貴重な音楽情報を余すところなくディスク化することができました。
    このSuper Audio CDハイブリッド・ソフトはエソテリック株式会社の独占販売で、主にオーディオ販売店にて限定3,000セット販売されます。

    収録アルバム





    至宝のビンテージ・マスターテープで復刻するマイルスの歴史的名盤5タイトル
    MILES DAVIS / マイルス・デイビス / MILES DAVIS GREAT 5 / マイルス・デイビス・グレート5 

    今回の5作品は、1950年代を中心に1966年までのアナログ全盛期、モダンジャズが最も隆盛で、しかもその中でのリーダー的存在であったマイルス・デイビスのコロンビア・レーベルに残された歴史的名盤5タイトルの復刻です。
    小編成からオーケストラまでマイルス・デイビス全盛期の魅力満載ボックスセットです。

    新しいモダンジャズを探求するマイルス・デイビスの軌跡を辿る名盤5タイトル

    1955年、マイルス・デイビスは大手コロンビア・レーベルと録音契約を結びます。ここから彼の偉大なジャズ・ポピュラー音楽家としての活動は始まりました。まず契約第1弾として、黄金のクインテットによる『ラウンド・アバウト・ミッドナイト』を吹き込みます。そこから彼は快進撃を続け、ハード・バップの次に来る新しいモダンジャズのスタイル「モード手法」の探求に勤しみます。そうした50年代のコンボによる演奏2作が、ここでは選ばれ、加えて、同時進行のように進められていたジャズ界の鬼才、名アレンジャーとして名高いギル・エヴァンスとのオーケストラ協演も2作ラインアップされています。
    そして60年代に入り第2期黄金クインテットといわれた新進気鋭の若手を集めた超近代的な「モード・ジャズ」による演奏が1作収められています。ジャズが最も力を持っていた時代の、実力も、リーダーシップもナンバーワンであったミュージシャンの10年間の記録がここに示されています。

    最高の状態でのSuper Audio CD ハイブリッド化が実現

    ジャズのステレオ化は50年代の後半からですが、いまだに主流はモノーラルの時代、ここではモノーラル録音に若干の利点があると判断し、最初のコンボ演奏による2作はモノーラルのオリジナルマスターによるマスタリングを採用しました。ジャズ特有の熱気や力強さはモノーラルにより一層浮かび上がっていると確信しています。ギル・エヴァンスとの作品においては、そのオーケストレーションの微妙で繊細なテクスチャーを何とかしてリスナーの皆様にお伝えしようと、ステレオ音場を正確に伝えながら、綿密なマスタリングを施しました。マイルス・デイビスの魅力の1つ、ミュート・トランペットの音色とオープン時の音色の対比にも注目してください。これらを考慮しながら、エソテリック特有の丁寧なマスタリング、製盤作業を行いました。
    各ディスクで録音状況に違いはありますが、「マスターに残された音、そのものを再現する」ように心がけました。今回のSuper Audio CD ハイブリッド化に当たっては、これまで同様、使用するマスターの選定から、最終的なDSDマスタリングの行程に至るまで、妥協を排した作業が行われています。特にDSDマスタリングにあたっては、DAコンバーターとルビジウムクロックジェネレーターに、入念に調整されたESOTERICの最高級機材を投入、またMEXCEL ケーブルを惜しげもなく使用することで、貴重な音楽情報を余すところなくディスク化することができました。
    このSuper Audio CDハイブリッド・ソフトはエソテリックの独占販売で、主にオーディオ販売店にて限定4,000セット販売されます。


    ジャズ・ボーカルの礎を築いた女王達、絶頂期の名盤。
    V.A.(ESOTERIC) / 6 QUEENS OF JAZZ VOCAL / 6クイーンズ・オブ・ジャズ・ボーカル

    1950年代5タイトル、1964年1タイトルというアナログ全盛期に生み出された録音による
    歴史的名盤6タイトルの復刻です。
    登場するジャズ・ヴォーカリストは、エラ・フィッツジェラルド、アニタ・オデイ、
    カーメン・マクレエ、ペギー・リー、ヘレン・メリル、モニカ・ゼタールンドの6名。
    彼女たちの全盛期の最も輝いていた時代に発表した20世紀の遺産ともいわれる作品ばかりです。


    名歌手と豪華伴奏陣による不朽の名盤の数々 

    5作品が50年代中期の録音。その中で4作がモノラル収録ではありますが、ディスクとしての完成度、価値などを考えても、絶対に外すことのできない内容を持っていると判断し、20世紀の貴重な収録を最良の状態でお届けすることにしました。
    レーベルも4つあり、そこからのピックアップとなっています。『ライク・サムワン・イン・ラヴ/エラ・フィッツジェラルド』と『アニタ・シングス・ザ・モスト』はジャズ専門レーベルの中で最大のカタログ数を誇るヴァーヴ、『アフター・グロウ/カーメン・マクレエ』と『ブラック・コーヒー/ペギー・リー』はRCA、CBSとも肩を並べていた大手レーベルであった米デッカ、『ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン』は新興ながら大手に迫る勢いであったマーキュリー・レコードのジャズ専門レーベル、エマーシー、60年代の『ワルツ・フォー・デビィ/モニカ・ゼタールンド・ウィズ・ビル・エヴァンス』はヨーロッパ録音でフィリップス・レーベルです。
    これら6つの作品に共通しているのは伴奏者、間奏を担当するソロ・ミュージシャンが大変に優れていることです。エラ・フィッツジェラルドには当時白人テナー・サックス奏者として人気ナンバーワンだったスタン・ゲッツが、アニタ・オデイの伴奏は飛ぶ鳥を落とす勢いだったオスカー・ピーターソン・トリオが協演しています。カーメン・マクレエはニューヨークに出てきて注目されていた若手ピアニスト、レイ・ブライアントのトリオが、ペギー・リーのバックにはウェスト・コーストで洒落たジャズを演奏していたトランペッターのピート・カンドリとこれまた小粋な演奏が魅力的だったジミー・ロウルズが彼女たちをサポートしています。そしてヘレン・メリルにはクリフォード・ブラウンが輝く音色のトランペットで華を添えます。モニカ・ゼタールンドのバックはビル・エヴァンス・トリオです。どのディスクもジャズとして最高峰の演奏が残されているのです。

    最高の状態でのSuper Audio CD ハイブリッド化が実現
    ジャズでステレオ化が主流になったのは50年代の後半からということもあり、ここではモノラル録音のマスタリングも4作ありますが、ジャズ特有の熱気や力強さはモノラルでも全く失われてはいませんし、それ以上にレコード音楽でしか体感できない生々しさ、Hi-fi感覚、これを念頭に意識しながら6作品それぞれの歌手が持つ声や歌い回しなど、本来備えていた音楽的な魅力を浮き彫りにするような、ESOTERIC特有の丁寧なマスタリング、製盤作業を行いました。
    各レーベルでその音創りは違っていますが、ここでは通常のESOTERICの志向と同様に"マスターに残された音、そのものを再現する"ように心がけました。今回のSuper Audio CD ハイブリッド化に当たっては、これまでのESOTERIC企画同様、使用するマスターの選定から、最終的なDSDマスタリングの行程に至るまで、妥協を排した作業が行われています。特にDSDマスタリングにあたっては、DAコンバーターとルビジウムクロックジェネレーターに、入念に調整されたESOTERICブランドの最高級機材を投入、またMEXCEL ケーブルを惜しげもなく使用することで、貴重な音楽情報を余すところなくディスク化することができました。(メーカーサイトより)

    収録アルバム


    エソテリックからマスターサウンドで鮮烈によみがえる。JAZZ黄金期の「インパルス6ベストアルバム」
    V.A.(ESOTERIC) / IMPULSE! 6 GREAT JAZZ / インパルス・6グレート・ジャズ 

    今回の6 作品は、1961年~1965年というアナログ・ステレオ収録活性期に生み出された名手ルディ・ヴァン・ゲルダー録音によるモダン・ジャズの歴史的名盤6タイトルの復刻です。
    激動の時代、1960年代前半のジャズ・シーンをしっかりと描写したレーベル、それが「インパルス」です。
    アメリカの大手ABC パラマウント傘下のジャズ専門レーベルとして1961 年「新しいジャズの波」と銘打って発足し、60年代を嵐のように駆け抜けたジョン・コルトレーンをはじめとする先鋭的な演奏にも積極的に関わり、それに加えて、スーパースターと呼ばれる大御所のその時点での演奏および新人の発掘にも尽力し、アメリカ国内におけるジャズの動向を的確に捉えたレーベルとして確固たる地位を築きました。
    ここで採り上げた6作品は、レーベル開設当初の60年代前半のジャズを象徴するような多彩な内容になっています。コルトレーンこそ、彼が突き進んでいたアグレッシヴな演奏ではなく、彼のもう一つの魅力的な側面であるバラード、それを見事に歌い上げる演奏が収録されていますが、それを含めすべて、音質的にも演奏的にも素晴らしい評価を得た作品が並んでいます。

    インパルスのルディ・ヴァン・ゲルダー録音
    60年代前半、「インパルス」のレコーディングを担当したのが、「ブルーノート」と同じルディ・ヴァン・ゲルダー。放送関係の技術者が担当することが多かったレコーディングですが、ヴァン・ゲルダーは50年代から専門的に行っていた数少ない人。そうした彼の安定期に入った〈ステレオ録音〉によるジャズをここで堪能することができます。50年代には、両親の家の居間を改装してレコーディングスタジオにしていましたが、ここでの収録は新しく建築したレコーディング専用スタジオを中心に行われています。そのスタジオは、高い天井にも象徴されるように、条件としてはかなり良好なものとなっていたようで、空間の表現、奥行きのイメージにおいて、50年代のヴァン・ゲルダー収録に比べて一日の長があるように思えます。
    50年代に活躍したジャズレーベルと比べて「インパルス」は企画勝負の新しいスタイルによるレコードを次々と発表しました。ジャズ・クラブでやっていた演奏をそのままスタジオ収録するのではなく、一つ一つの作品に趣向を凝らし、プロデューサーがアイデアを絞り出しながら、レコードならではのミュージシャンの魅力的な個性を引き出す努力をしていたのです。そうした作品の意図が、収録されたサウンドやステレオ音場に明確に示されているところが「インパルス」の興味深いポイントとも言えるでしょう。
    その収録音に対しては通常のCD以上に、Super Audio CDのフォーマットがさらなる魅力を引き出せるように思えます。ヴァン・ゲルダーの示すジャズ音場はそのままに、より深く、ミュージシャンの駆使する楽器の音色、微妙な表現を求めてマスタリングを心がけました。

    Super Audio CDハイブリッド化と周辺機器・ケーブル
    今回のSuper Audio CDハイブリッド化に当たっては、これまでのエソテリック企画同様、使用するマスターの選定から、最終的なDSDマスタリングの行程に至るまで、妥協を排した作業が行われています。特にDSDマスタリングにあたっては、DAコンバーターとルビジウムクロックジェネレーターに、入念に調整されたエソテリック・ブランドの最高級機材を投入、また同社のMEXCELケーブルを惜しげもなく使用することで、貴重な音楽情報を余すところなくディスク化することができました。
    このSuper Audio CDハイブリッド・ソフトはエソテリックの独占販売で、主にオーディオ販売店にて限定4,000セット販売されます。

    聴き終えても、またすぐ繰りかえし聴きたくなる衝動(インパルス)!
    珀琥色になるまで寝かせた年代物のウイスキー。その封を切るに似て、名ジャズレーベルのマスターサウンドが、半世紀の眠りから醒めた。60年代、あのコルトレーン、ソニー・ロリンズ、オリヴァー・ネルソン、ジョニー・ハートマンといったジャイアンツたちは、活躍のステージを求め“インパルス”に籍を置いた。その天才たちの往時の名演奏が、エソテリックのマスターサウンドで、今蘇る。
    ブルーノートレーベルから船出したグレイトジャズを巡る豪華クルーズ。今回は、大物エンジニアのルディ・ヴァン・ゲルダーによるインパルスレーベルの歴史的録音より、珠玉の名テイク6タイトルを選びリマスター、SACD 化するという、わくわくするゴールを目指した。
    当時、インパルスに移籍して新境地を目指すコルトレーンは、激しくブローするお家芸の一方で、バラード調を詩情豊かに瑞々しく歌い上げるにあたり、エンジニアのゲルダーと共同して録音にあたった。これが一連の名テイク誕生の契機となる。コルトレーンは、相性というだけでなく、ゲルダーの目指す先が自らの音楽と同じゴールと感じていたのかもしれない。
    自宅に広い天井空間を確保したレコーディングスタジオを新調するほどのこだわりのゲルダーは、ジャズ領域で録音芸術(あえて芸術と言わせていただく)の新天地を開拓した魁(さきがけ)の一人であり、そのレコード群は、ジャズ・ジャイアンツとの邂逅を聴くたび実感し、その人なりに感動を深め楽しむオーディオファイルシップへと誘う名盤として愛された。
    実際マスターテープには、今日のデジタルレコーディングスタジオでの収録ではかえってスポイルされてしまうようなおおらかな臨場感、ナチュラルなソノリティ、セッションの息遣いが手垢つかずのまま収録されていた。そうと判って、我がエソテリックは技術とノウハウを動員。その甲斐あって、眼前それも間近に歴史的名演奏が繰り広げられるリアルな“空気感”がそこここに感じられることが、嬉しい限りである。そうとなれば、さっそくオーディオリスナーである諸氏の手に委ね、嗚呼これぞJAZZSOUNDひとため息を漏らしてあらためて聴きたくなる“インパルス”(衝動)を、思う存分、味わって頂くこととしよう。(メーカーインフォより)

    収録アルバム

    「IMPULSE! 6 GREAT JAZZ」の画像検索結果 「IMPULSE! 6 GREAT JAZZ」の画像検索結果 「IMPULSE! 6 GREAT JAZZ」の画像検索結果
    関連画像 関連画像 「IMPULSE! 6 GREAT JAZZ」の画像検索結果

    • 前の記事へ

      気鋭の音楽家&音楽評論家・大谷能生の最新刊「平岡正明論」が発売

      JAZZ

      2018.05.30

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      フリー・ジャズ史に残る伝説のトランペッター、ビル・ディクソンが2001年にリリースしたCD6枚組BOXが限定入荷!

      JAZZ

      2018.05.30

    • 一覧へ戻る