ジャズ名盤4タイトルが限定カラーヴァイナルで入荷!

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2018.06.01

    • LINE

    • メール
    ジャズ名盤4タイトルが限定カラーヴァイナルで入荷!


    ▼▼リリースタイトルはこちら▼▼

    ART BLAKEY アート・ブレイキー
    Moanin(LP/180g)

    ART BLAKEY / アート・ブレイキー / Moanin(LP/180g)

    ハードバップの代名詞ともいうべき『モーニン』のカラー盤。盤の色は、ジャケの文字をイメージさせる鮮やかなレッドです。(新譜案内より)

    メンバー:
    Art Blakey, drums & leader
    Lee Morgan, trumpet
    Benny Golson,tenor sax
    Bobby Timmons, piano
    Jymie Merritt, bass
    Hackensack, New Jersey,; October 30, 1958.

    MILES DAVIS マイルス・デイビス
    Kind Of Blue(LP/180g)

    MILES DAVIS / マイルス・デイビス / Kind Of Blue(LP/180g)

    ジャズ史上に燦然と輝く名盤のカラーレコード化。今回のジャケットカヴァーは、2009年にJAZZ WAXから180gLPとしてリイシューされたときと同じものが使用されております。(新譜案内より)

    メンバー:
    MILES DAVIS trumpet
    JULIAN “CANNONBALL”ADDERLEY alto sax
    JOHN COLTRANE tenor sax
    BILL EVANS piano (on all tracks except “Freddie Freeloader”)
    WYNTON KELLY piano (on “Freddie Freeloader” only)
    PAUL CHAMBERS bass
    JIMMY COBB drums

    New York, Monday, March 2, 1959 (A1-A3) & Wednesday, April 22, 1959 (B1-B2).
    Original sessions produced by Teo Macero & Irving Townsend

    DAVE BRUBECK デイヴ・ブルーベック
    Time Out(LP/180g)

    DAVE BRUBECK / デイヴ・ブルーベック / Time Out(LP/180g)

    日本のCMでも使用され、一般的にもなじみ深い名曲“テイク・ファイヴ”を収録したデイブ・ブルーベックの名盤『タイム・アウト』のカラー盤。盤面は鮮やかなオレンジです。

    メンバー:
    Paul Desmond, alto sax;
    Dave Brubeck, piano;
    Eugene Wright, bass;
    Joe Morello, drums
    A1 & B4: New York, August 18, 1959.
    A2-A3: New York, July 1, 1959.
    B1-B3: New York, June 25, 1959.

    * Bonus Track (B5): Same personnel except Bob Bates (b)
    replaces Eugene Wright and Joe Dodge (d) replaces Joe Morello.
    New York, October 12, 1954.

    STAN GETZ スタン・ゲッツ
    Jazz Samba(LP/180g)

    STAN GETZ / スタン・ゲッツ / Jazz Samba(LP/180g)

    アメリカにボサノヴァ・ブームを巻き起こした名盤!(新譜案内より)

    メンバー:
    CHARLIE BYRD, guitar soloist
    GENE BYRD, guitar & bass
    KETER BETTS, bass
    BUDDY DEPPENSCHMIDT, percussion
    BILL REICHENBACH, percussion

    Pierce Hall, All Souls Unitarian Church, Washington D.C., February 13, 1962.

    * Bonus track (B4): STAN GETZ (tenor sax) with Gary McFarland and His Orchestra
    New York, August 27, 1962.
    Original sessions produced by Creed Taylor.

    • 前の記事へ

      国産ジャズ/アンビエント作品の中でも最高峰にして最難関 濱瀬元彦幻の名盤『インタグリオ』が30年以上の時を超えて再レコーディング!

      JAZZ

      2018.06.04

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      【ジャズ買取情報】アナログ高価買取リスト

      JAZZ

      2018.06.01

    • 一覧へ戻る