<予約>正統派なジャズが好きな方に自信をもってお薦めするThe Rookiesのサード・アルバムの入荷が決定

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2000.07.27

    • LINE

    • メール
    出会っちゃいました!!
    正統派なジャズが好きな方に自信をもってお薦めする
    「このグループ、何かある」と思わせてくれる素晴らしい1作!!



    ※LP
    2014年結成、オーストラリアはメルボルンを拠点に活動する、実力派Jazz Band、THE ROOKIESのサード・アルバム「PLAY JAZZ」。
    マイルスデイビスが残した不朽の名曲「マイルストーン」の都会的なアレンジ光るカバー曲をはじめ、ミディアム〜スロー・テンポ織り交ぜた正統派モーダルジャズアルバム。クラブ系ジャズなどの陳腐な表現ではまとめれない一枚。

    -------------------------------------------------------------------

    出会っちゃいました!!ストレートアヘッドなハードバップなど正統派なジャズが好きな方に自信をもってお薦め致します!!
    オーストラリアはメルボルン拠点に活動するグループ、The Rookiesのサード・アルバムが入荷決定。
    「このグループ、何かある」と思わせてくれる素晴らしい1作!!

    オーストラリアはメルボルン拠点に活動するグループ、The Rookiesのサード・アルバムの入荷が決定。
    まずこのコラージュ・ジャケットを見て「ん~・・・クラブっぽい音かな・・・」と食わず嫌い気味に音を想像してみましたが、聴いてみてビックリ仰天。

    冒頭曲"Bronchoscopy"のパレードを思わせる陽気で摩訶不思議なテーマに「この後どうなるのだろう?」と展開を楽しみにしていたら、挨拶代わりのブルージーなフレーズをサックスが一発、二発。その後も吹くわ吹くわ・・・ストレートアヘッドで正統、めちゃめちゃカッコイイじゃありませんか!!!!
    その後もピアノ、トランペット、ドラムと各人がソロを取り終え、1曲目が終わったころには手には汗が・・・それでいて時間があまり進んでいない(1曲目は4分34秒収録)濃密な時間を体験していたんだなと冒頭から「このグループには何かある」と思わせる素晴らしい出来。(楽曲はオーストラリアの重鎮ドラマー、アラン・ブラウン作)

    続くスタンダード"I'll Remember April"と面白いアレンジが施してある名曲"Milestones"、ベニー・ゴルソン"Stablemates"、ハンク・モブレー絶品の1枚「Soul Station」でも演奏されるラルフ・レインジャー作曲"If I Should Lose You"などカヴァーを中心に構成された作品ながら有り余るほどの勢いと力強さが満ちた力作に仕上がっています。

    ストレートアヘッドなハードバップなど正統派なジャズが好きな方に自信をもってお薦め出来ますし、ジャズを聴いてみたい!という方にも濃密なジャズ体験がこの作品には詰まっているのではないでしょうか。
    現状CDでの発売はされておらず、フィジカルでは本LPのみとデジタル配信のみ。
    是非アナログ盤の音質で大音量で楽しんでください!!

    ■Greg Sher - Alto Saxophone
    Tom Sly - Trumpet
    Joel Trigg - Piano
    Oscar Neyland - Double Bass
    Chris Cameron - Drums and Cymbals