猪俣猛がジャズ・ロック黄金期の到来を高らかに告げた「サウンド・オブ・サウンド・リミテッド」がアナログ盤リリース

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2018.11.05

    • LINE

    • メール
    若き才渦巻くサウンド・リミテッドを従え、
    猪俣猛がジャズ・ロック黄金期の到来を高らかに告げる。



    ※LP
    烈火のドラムが時代を焦がす。若き才渦巻くサウンド・リミテッドを従え、猪俣猛がジャズ・ロック黄金期の到来を高らかに告げる。
    的確なスティック・ワークと時代を見据えた音楽性で日本のジャズ・シーンを牽引したドラマー、猪俣猛。1960年代終わりに、当時隆盛を極めつつあったブラス・ロックに影響を受けサウンド・リミテッドを結成。「ジャズとロックの融合を目指し、若いミュージシャンを集めてヴァイタリティのある音楽をやりたい。このグループはモダン・ジャズという小さな枠におさまらない、スケールの大きなグループにしたい」と語り、新機軸を打ち出す。そのファースト・アルバムにして代表作となったのが本作『サウンド・オブ・サウンド・リミテッド』(1970年)だ。象徴的な1曲として寵愛される「テーマ~ムスターシュ」を筆頭に、全編に躍動感と熱気が溢れる傑作である。

    Personnel
    猪俣猛(ds)
    横田年昭(fl)
    植松孝夫(ts)
    熊谷貴、大野俊三(tp)
    今井尚、堂本重道(tb)
    川崎燎、神谷重徳(g)
    穂口雄右(org)
    鈴木淳(b)

    関連ニュース
    ■<予約>ジャズ・ロック・レジェンド、ここに極まる!稲垣次郎「ヘッド・ロック」がアナログ・リリース決定!


    CRAFTMAN RECORDS 2018年11月3日 レコード日リリースタイトル一覧
    • 前の記事へ

      ジャズ・ロック・レジェンド、ここに極まる!稲垣次郎「ヘッド・ロック」がアナログ・リリース

      JAZZ

      2018.11.05

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      栗林すみれ「Pieces of Color」がレコードの日限定でアナログ化

      JAZZ

      2018.11.05

    • 一覧へ戻る