ジャズ・ロック・レジェンド、ここに極まる!稲垣次郎「ヘッド・ロック」がアナログ・リリース

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2018.11.05

    • LINE

    • メール
    この一撃がジャズの歴史を変えた。
    才人にして怪人、稲垣次郎が叩き付けた宣戦布告。


    ※LP
    この一撃がジャズの歴史を変えた。才人にして怪人、稲垣次郎が叩き付けた宣戦布告。ジャズ・ロック・レジェンド、ここに極まる!
    日本におけるジャズ・ロック発展の中心となったミュージシャンのひとり、稲垣次郎。既存のジャズに限界を感じていた稲垣は「ロックの匂いの強いバンドで、ジャズ・ロックはもちろん、
    今までになかったものをやる」と語り、1969年からソウル・メディアでの活動を本格化させる。その活動と音楽性を象徴する作品が1970年録音の本作『ヘッド・ロック』だ。
    冒頭の「ザ・ヴァンプ」からラストを飾る「ヘッド・ロック」まで、持てるアイデアと情熱を注ぎ込んだ弩級の曲が並ぶ、息を吐く暇もないジャズ・ロック・ショウケースである。
    ジャズの名門レーベル、タクトに残された異端にして、日本のジャズ史において圧倒的な存在感を放つ傑作である。

    Personnel
    稲垣次郎(ts)
    伏見哲夫(tp)
    川崎燎(g)
    今田勝(org)
    荒川康男(b)
    田畑貞一(ds)


    関連ニュース
    ■<予約>猪俣猛がジャズ・ロック黄金期の到来を高らかに告げた「サウンド・オブ・サウンド・リミテッド」がアナログ盤リリース決定


    CRAFTMAN RECORDS 2018年11月3日 レコード日リリースタイトル一覧
    • 前の記事へ

      アルゼンチンのヴォーカリスト&女優、リヒア・ピロ、待望の2018年作品をリリース!!

      JAZZ

      2018.11.05

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      猪俣猛がジャズ・ロック黄金期の到来を高らかに告げた「サウンド・オブ・サウンド・リミテッド」がアナログ盤リリース

      JAZZ

      2018.11.05

    • 一覧へ戻る