高柳昌行、50年間眠っていた未発表音源が初リリース!!

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2018.10.12

    • LINE

    • メール
    高柳昌行、
    フリー・ジャズに移行していく直前の“ジャズの演奏”の記録



    50年間眠っていた音源は高柳がフリージャズを始める直前の演奏だった。
    本作は1968年に結成されたコンテンポラリー・ジャズ・グループ、高柳昌行ジャズ・コンテンポラリー4の、 1969年2月のライブ録音である。
    1969年といえば、5月には富樫雅彦と組んだグループで録音した『WE NOW CREATE』(富樫雅彦カルテット名義)にて公には初めてフリー・ジャズに取り組み、8月には自身のフリー・ジャズ・グループであるニュー・ディレクションを結成して翌9月にはニュー・ディレクション名義の初録音盤『Independence』を発表した年だ。
    つまり本作は、高柳昌行がフリー・ジャズに移行していく直前の“ジャズの演奏”の記録ということになる。

    ■高柳 昌行(g)
    三戸部 章(vib)
    萩原 栄治郎(b)
    岸田 恵士(ds)

    • 前の記事へ

      人気ピアニストGabriel Latchin参加したヴォーカリストSara Dowlingの作品がリリース!!

      JAZZ

      2018.10.12

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      唯一無二の作品がひしめくフランスの自主レーベルGRRR埋蔵のデッドストックがまさかの発掘!!

      JAZZ

      2018.10.12

    • 一覧へ戻る