井筒香奈江「Laidback2018」アナログLPで発売!!

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2018.10.11

    • LINE

    • メール

    井筒香奈江が過去最高のスペックと完成度でシーンに問う最新アルバム
    「レイドバック2018」の最終章は待望のアナログ・レコードでのリリース。
    マスタリングからアートワークまで、完全アナログ専用仕様です!

     


    「時のまにまに」シリーズでソロ制作を続けてきた井筒香奈江が、自身の所属バンド「Laidback」で原点回帰と進化を極めたニュー・アルバム。メンバーの藤澤、小川、井筒の3名+ゲストのシンプル&ディープな構成は、今までと同じように見えて全く違う。井筒らしい和製ポップスの選曲も取り入れながら、バンドで生み出すグルーヴと各人の磨き抜かれたソロパートに幾重もの見せ場を置いた、かつてないほど研ぎ澄まされた仕上がりだ。


    今年5月にUHQCDがリリースされると、Amazon ジャズ・フュージョン部門でたちまちトップセラーになる。さらに、e-onkyo music アルバムランキング1位を獲得。7月にはDSD11.2MHz/1bit Direct 2CHver.が配信開始、e-onkyo musicアルバムチャートで発売当日から1位になる等、各方面から集まる注目は高まるばかり。そして、最後にリリースされるのがこのアナログレコードだ。名エンジニア高田英男を迎え、ソニーミュージックスタジオでレコーディングされた本作は、持てるスペックを見事に使い切ったサウンドで完成されている。アナログレコードでは専用のマスタリングを施すことでCDともハイレゾとも違ったヴィンテージな味わいを持たせている。(ディスクユニオンJazzTOKYO生島昇)

    Recorded Mixed & Sound produced:高田英男
    Sony Music Studios Tokyo STUDIO1 (2017.11.14&15)
    Engineer:石光孝 MIXER'S LAB Cst (2017.11.27)
    Assistant Engineer:宮沢竣介 VICTOR STUDIO 202st (2017.12.9)
    Mastered:袴田剛史 FLAIR MASTERING WORKS 212st (2017.12.28)
    Cutting Engineer:北村勝敏 MIXER'S LAB(2018.8.14)
    Directed by:生島昇 ディスクユニオンJazzTOKYO
    Produced:井筒香奈江

    ■Vocal 井筒香奈江
    Piano 藤澤由二
    Electric Bass 小川浩史

    ★★井筒香奈江「Laidback2018」アナログ盤発売記念イベント

    10月8日(月祝)16:00-17:00
    秋葉原/損保会館「真空管オーディオフェア2018」にて開催しました!

    イベント詳細はコチラ↓↓↓
    https://tubeaudio.exblog.jp/28635437/

    テストプレス試聴の模様はこちら↓↓↓
    https://tubeaudio.exblog.jp/28662548/

    • 前の記事へ

      ジャズ・ピアニストの小川理子、通算15作目となるアルバム『バルーション』をリリース!!

      JAZZ

      2018.10.11

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      鮮やかなグルーヴで彩られたモンスター・アルバム、鈴木弘「CAT」アナログ復刻盤が待望のリプレス!!

      JAZZ

      2018.10.11

    • 一覧へ戻る