【アナログ盤入荷】イスラエル・ジャズを牽引するピアニスト、シャイ・マエストロ。初のECMリーダー作品がリリース

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2018.10.26

    • LINE

    • メール

    SHAI MAESTRO / シャイ・マエストロ / Dream Thief(LP/180g)

    ★イスラエル・ジャズを牽引する才能あふれるピアニスト、シャイ・マエストロの初のECMリーダー作品。

    ■ベーシスト、アヴィシャイ・コーエンのバンドで5年間活動し、その後もマーク・ギリアナ・カルテットやクリス・ポッターとデュオなど活動の幅を広げ、ECMでは2017年にリリースされたテオ・ブレックマンの『Elegy』に初登場していたが、ついに自身のトリオ作品の登場。

    ■ペルー人ベーシストJorge Roederは7年間ずっと一緒だが、本作ではドラムスには新たにイスラエル人のOfri Nehemyaを迎えてマエストロのオリジナルを中心に演奏、ソロ・ピアノ楽曲も収録。M-1はイスラエルのシンガーソングライターMatti Caspiの楽曲でマエストロが子供のころから大好きで、体に染み付いている曲だそう。同じように「These Foolish Things」もそのメロディとハーモニーの美しさが大好きとのこと。

    ■プロデューサー、アイヒャーとのレコーディング、そのスタジオは、「一瞬の魔法が起こるように開放」された雰囲気だったそう。喜びの表現、内省的思考、高められた強さ全てが前面に出ていてマエストロにしかできないタッチは特別、ひとつのフレーズで一瞬の感情を表現。メロディ豊かな美しい大注目盤!
                    
    (パーソネル)
    Shai Maestro(p)
    Jorge Roeder(double-b)
    Ofri Nehemya(ds)

    • 前の記事へ

      デイヴ・オ・ヒギンズ率いるオルガン・トリオに、マックス・イオナータが全面参加した1作「TENORS OF OUR TIME」がリリース!!

      JAZZ

      2018.10.26

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      ハンガリー・ブダペストの実験音楽シーン重要人物Tibor Szemzoの作品が一挙入荷

      JAZZ

      2018.10.25

    • 一覧へ戻る