サックス奏者松風鉱一のトリオによる激レア盤『Earth Mother』がリイシュー !

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2018.10.12

    • LINE

    • メール


    日本のエリック・ドルフィーとも呼ばれ、日本のアヴァンギャルド・ジャズを牽引してきたサックス奏者松風鉱一のトリオによる激レア盤『Earth Mother』(78年コジマ)リイシュー !
    オリジナルは1978年に<コジマ>からリリース。ジャイルス・ピーターソンが『Shibuya Jazz Classics』にてリーダー作『Good Nature』から「Under Construction」をピックアップしたことでも知られる松風鉱一。前述の『J-JAZZ - DEEP MODERN JAZZ FROM JAPAN 1969-1984』においては、今作のタイトル曲がピックアップされ、コレクターも血眼になっていたトップ・ウォンテッド盤が遂にリイシュー!
     
    大徳俊幸 ( ジョージ大塚クインテット 他 ) のエレピと松風のフルートのマッチングが聴きモノな「Images In Alone」、アルトで攻め立て、終盤の古澤良治郎によるドラム・ソロも何とも味わい深い「Earth Mother」、ピアノレスでこれがまた色香漂う「Round Midnight」、テナーで聴かせ、川端民生のベース・ソロもアヴァンギャルドなラスト・チューン「Don’t Worry About Tenor Saxophone」収録 ! 再評価 & 中古市場価格高まる和ジャズの中でも、最高峰 ! お見逃しなく!(メーカーインフォより)
     
    Koichi Matsukaze 松風鉱一 (fl, as, ts)
    Toshiyuki Daitoku 大徳俊幸 (p)
    Tamio Kawabata 川端民生 (b)
    Ryojiro Furusawa 古澤良治郎 (ds)

    • 前の記事へ

      <予約>イスラエルのジャズ&クラブシーンを代表するミュージシャンが集結!『Time Grove』のデビュー作が完成!!

      JAZZ

      2018.10.12

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      トニー・ベネット&ダイアナ・クラール「Love Is Here To Stay」。BARNES & NOBLE限定レッドヴァイナルが入荷

      JAZZ

      2018.10.12

    • 一覧へ戻る