大西順子が3管セクステットのスペシャル・プロジェクトを結成しアルバムを発売

  • JAZZ
  • 新着ニュース

2018.12.05

  • LINE

  • メール

大西順子が新たに3管セクステットを結成
厳選12曲、全曲が本プロジェクトの為の書き下ろし!



昨年デビュー25周年と共に、8年ぶりのトリオ作『グラマラス・ライフ』(SCOL1025)とバラッド集『ヴェリー・スペシャル』(SCOL1024)をWリリースし話題を呼んだピアニスト大西順子。
注目を集める中での次なるプロジェクトは、3管+トリオによる王道セクステット。

大西といえば、フレディ・ハバードやジャッキー・マクリーン、ジョー・ヘンダーソンらレジェンドのもとで研鑽を積み、管楽器との共演アルバムもこれまで多数発表、その絶対的ピアニズムは小編成から大編成まで留まらないことは周知のとおり。

今作では、現在活躍めざましい本邦トップ・プレイヤー達が集い、全楽曲をそれぞれが書き下ろし。
スイングからエレクトリック、コンテンポラリーまでこれまでにない「12」の化学反応をたっぷりお楽しみいただけるスペシャル・プロジェクトです。全12曲収録

【メンバー】
大西順子(pf, Rhodes, Wurlitzer, clavinet)
広瀬未来(tp, flh)
吉本章紘(ts, fl)
片岡雄三(tb)
井上陽介(b)
高橋信之介(ds)


XII (twelve) / XII (twelve)
JUNKO OHNISHI 大西順子
JUNKO OHNISHI / 大西順子 / XII (twelve) / XII (twelve)

  • 前の記事へ

    ユニバーサル・ジャズ レア盤コレクション 70タイトルが発売

    JAZZ

    2018.12.05

  • 一覧へ戻る

  • 次の記事へ

    寺島レコードより、オーディオ・ファンに向けたコンピレーション「For Jazz Audio Fans Only」の最新作が今年も登場

    JAZZ

    2018.12.05

  • 一覧へ戻る