チャーリー・ラウズがStrata-Eastに残したソウル・ジャズ傑作「Two Is One」がアナログ・リイシュー

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2018.10.26

    • LINE

    • メール


    ※LP
    アメリカのサックス奏者チャーリー・ラウズが1974年コレクター・レーベルStrata-Eastに残したソウル・ジャズ傑作がアナログ・リイシュー!
    激渋ファンキー・チューン"In A Funky Way"やブラック・フィーリング溢れながらも怪しいサイキックな雰囲気をプンプンさせる表題曲"Two Is One"など良曲が収録された傑作。


    • 前の記事へ

      エヴァン・パーカー、ウィリアム・パーカー、土取利行2015年東京・草月会館でのライヴが初CD化

      JAZZ

      2018.10.26

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      デイヴ・オ・ヒギンズ率いるオルガン・トリオに、マックス・イオナータが全面参加した1作「TENORS OF OUR TIME」がリリース!!

      JAZZ

      2018.10.26

    • 一覧へ戻る