ジャズジャパン100号記念45回転高音質12インチシングル盤「ジョルジュ・ロベール&ケニー・バロン/ピース」が発売

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2018.12.19

    • LINE

    • メール


    ※12" / 完全限定プレス
    JAZZ JAPAN×CRAFTMAN RECORDS×DIW
    ジャズジャパン100号記念45回転高音質12インチシングル盤
    「ジョルジュ・ロベール&ケニー・バロン/ピース」
    至高のデュオ作品を最高の音質でお届けする、究極のオーディオファイル!!


    ■演奏:ジョルジュ・ロベール(as, ss)、ケニー・バロン(p)
    ■録音:2002年8月12日 ジュネーヴ、ヴィクトリア・ホール
    ■アナログ盤企画/監修:塙耕記
    ■45prm/180g重量盤
    ■マスター盤プレッシング/2018年アナログ盤専用最新リマスター

    マスター盤プレッシングとは・・・
    通常はカッティングされたラッカー盤(凹)から、マスター盤(凸)→マザー盤(凹)→スタンパー盤(凸)という工程でアナログ盤をプレスしますが、「マスター盤プレッシング」ではマザー盤・スタンパー盤を製作せずに、マスター盤から直接プレスします。 2度のコピーを省くため、カッティング時に近い溝が形成され、よりダイレクトでリアルな音の再生を実現いたしました。

    • 前の記事へ

      2018年のミコがジャズに帰ってきた!! 弘田三枝子デビュー55周年記念作品「イズント・イット・ロマンティック?」リリース

      JAZZ

      2018.12.19

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      フュージョン・ギタリスト鳥山雄司、80年代前半インスト作品が45回転の大音量レコードで初アナログ復刻!

      JAZZ

      2018.12.19

    • 一覧へ戻る

    最新ニュース