YoYo(SOFFet)によるピアノ・ジャズライブ・プロジェクト「YoYo the "Pianoman"」デビューアルバムが発売

  • JAZZ
  • 新着ニュース

2018.12.05

  • LINE

  • メール



YoYo(SOFFet)によるピアノ・ジャズライブ・プロジェクト「YoYo the "Pianoman"」活動6年にして待望のデビューアルバムがPlaywrightレーベルより発売!
名刺代わりの「スウィング王子」を逆転させたタイトル曲1O.G. SwingからBlues、Skateと続く「王子三部曲」の幕開け、目まぐるしく展開するインプロビゼーションの掛け合いがスリリングな8C.F. Practice、スウィンギーなアレンジで聴かせるカーペンターズで有名な6Close to you、誰もの心に寄り添うクラシック曲をジャズアレンジした7エリーゼの為に、11威風堂々。
そしてピアノマンオリジナル4Moonlight~Quartet ver.~、5父と娘のダンス、10水芭蕉といったバラード名演には涙せずにいられない、、、
ビル・エバンスやナット・キング・コールの影響を感じさせ、良い意味でのクラシックなモノクロの映画を観ているような質感を求めた作品。現代のアーティストとして故き良きジャズへのオマージュを散りばめた録音やサウンド・フォーマットに、ポップなメロディとの融合を目指した今冬大注目作!

YoYo(SOFFet)によるピアノ・ジャズライブ・プロジェクト「ピアノマン」。
作詞・作曲・編曲家。4才からピアノを習い始め、15才の時に独学で作詞・作曲を始める。
19才で渡米し、名門「バークリー音楽院」に入学。
帰国後2003年、SOFFet(ソッフェ)としてメジャーデビュー。
アーティストとしての活動の傍ら、SMAPへの詩曲提供、CHEMISTRYへの詩提供、
他アーティストへの楽曲提供や編曲・サウンドプロデュース、ピアノ演奏での参加なども数多く行う。
2012年、YoYo the “Pianoman”として宮地楽器ホールにてワンマン公演ライブデビューを果たす。
2015年、Saxプレイヤー門田JAW晃介(BARB/exPE’Z)とのコラボ新企画「JAW meets Pianoman」を発足し、
全国のカフェやライブハウスにてクリスマス恒例ジャズライブツアーを行っている。
またこれまでに、高須クリニックCM安藤美姫編テーマ曲「威風堂々」をアレンジ・演奏、ブリジストン自転車のWEB CM短編映画「アルベルトe short film」の音楽の作編曲を担当、ドン・キホーテ12曲の店内音楽の作詞・作曲・編曲を担当する等、作曲家としても活動の幅を広げている。
2017年「Xperia」CM~informercial~へ出演。
2018年、地元武蔵小金井の観光大使に就任。

■ メンバー
YoYo (piano)
鈴木直人  Naoto Suzuki (guitar) 
川村竜  Ryu Kawamura(bass - except M11)
清水昭好  Akiyoshi Shimizu (bass - M11)
長谷川ガク Gaku Hasegawa(drums)

関連ニュース
YoYo the"Pianoman"デビューアルバム発売記念アルバム全曲先行試聴&トークセッション 開催決定