キーボード奏者/プロデューサー“MARK De CLIVE-LOWE”による、日本をテーマにした大作『HERITAGE』が2枚組でリリース

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2019.01.23

    • LINE

    • メール


    伝統的なジャズからクラブ・ソウルミュージックと、多岐なシーンで活躍を続けるキーボード奏者/プロデューサー“MARK De CLIVE-LOWE”による、日本をテーマにした大作『HERITAGE』が2枚組でリリース!!
    カルロス・ニーニョ、ブランドン・ユージン・オーウェンズ、ジ ョシュ・ジョンソンらLAの音楽シーンを支える重要 メンバーの参加にも注目!!


    ニュージーランドで生まれジャズ・ピアニストとしてデビューし、90年代末にはウェスト・ロンドンでブロークンビーツのムーヴメントの真っ只中にいて、現在はLAのジャズ/ビート・シーンの中心にいるマーク・ド・クライヴ・ロウ。その確かな才能は疑うべくもないが、『HERITAGE』は間違いなくキャリアの代表作になるだろう。日本人の血も流れる彼が、初めて日本の音楽に向き合い、作り上げた渾身の2枚組をこの国で紹介できるのはとてつもない歓びだ。(原 雅明 ringsプロデューサー)

    Mark de Clive-Lowe - piano, rhodes, live electronics
    Josh Johnson (Leon Bridges/Esperanza Spalding) - alto sax/flute
    Teodross Avery (Talib Kweli/Mos Def) - tenor sax
    Brandon Eugene Owens (Terrace Martin/Robert Glasper) - bass
    Brandon Combs (Moses Sumney/Iman Omari) - drums
    Carlos Niño (Build An Ark/Lifeforce Trio) - additional percussion
    Tylana Enomoto - (Bonobo/Kamasi Washington)- violin (“Ryūgū-jō” only)

    『MARK De CLIVE-LOWE / HERITAGE I&II』 Album Teaser


    HERITAGE I&II
    MARK DE CLIVE-LOWE マーク・ド・クライブ・ロウ

    • 前の記事へ

      イタリアが生んだピアノの魔術師、アレッサンドロ・ガラティの最新ソロ、トリオ・ライブ録音CDが2作同時発売

      JAZZ

      2019.01.23

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      寺島靖国、人気コンピレーション“Jazz Bar”シリーズ最新作がアナログLP盤で発売

      JAZZ

      2019.01.23

    • 一覧へ戻る