「ジャズ喫茶の名盤」とも呼ばれる伝説的モダン・ジャズ・アルバム、クリフォード・ジョーダン「In The World 」が待望のLPリイシュー

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2019.03.20

    • LINE

    • メール
    これは待っていた人も多いはず!
    クリフォード・ジョーダン最高傑作「In The World 」が待望の
    LPリイシュー!



    これは待っていた人も多いはず!
    テナー・サックスの巨人=クリフォード・ジョーダンがスピリチュアル・ジャズの名レーベル<
    Strata-East>に残した最高傑作「In The World 」が重量盤仕様でLP再発!
    「ジャズ喫茶の名盤」とも呼ばれる伝説的なモダン・ジャズ・アルバム!

    1931年シカゴに生まれ、1993年3月にこの世を去るまでハード・バップの真髄を表現し続けたテナーの巨人、クリフォード・ジョーダン。
    その最高傑作と名高い伝説的名盤であり、モダンジャズ史に刻まれた金字塔と呼ぶべき一枚が遂に蘇る。

    50年代後半にblue noteからデビューし、混迷の60年代を通過、絶頂期であっつた70年代に差しかかろうとする1969年の春に自費でレコーディングされたアルバムは、1972年にSTRATA-EASTからジョーダン・プロデュースによる「ドルフィン・シリーズ」の最初の1枚としてリリースされた。
    白眉はジョーダン、ドン・チェリー、そしてウイントン・ケリー島がマイナー調の戦慄と沈思するようなワルツ・ビートにのって恍惚の白昼夢を奏でる名曲「VIENNA」。そこに横溢する狂おしいまでの哀愁と官能、そして抒情は今も稀有な魅力を放ち続けている。

    このリリースの特徴
    ■オリジナル盤を可能な限り忠実に再現した紙ジャケット仕様
    ■オリジナル・マスター・テープからのリマスタリング音源を使用
    ■レコーディング・セッションを撮影した写真をライナーノートに収録


    ■DON CHERRY(tp)
    RICHARD DAVIS(b)
    KENNY DORHAM(tp)
    RON HAYNES(ds)
    ALBERT "TOOTIE" HEATH(ds)
    CLIFFORD JORDAN(ts)
    WYNTON KELLY(p)
    JULIAN PRIESTER(tb)
    WILBUR WARE(b)

    ジャケット裏(画像クリックで拡大表示)


    • 前の記事へ

      Deep Jazz Realityシリーズ最新作は日本盤オンリーのTRIO3作品の世界的に有名な作品からの7インチ化!

      JAZZ

      2019.03.20

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      【再入荷】1930年代の重要なジャズ・メンを録音したBill Savoryのパーソナル・コレクションが遂に初CD化!

      JAZZ

      2019.03.20

    • 一覧へ戻る