寺島レコードによるキング・オブ・コンピレーションにして年末の風物詩“Jazz Bar"の新作が発売

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2018.12.19

    • LINE

    • メール



    V.A.(寺島靖国) / JAZZ BAR 2018 / ジャズバー2018

    年末の風物詩“Jazz Bar"の新作が登場!
    18年目を迎えるキング・オブ・コンピレーション

    あまり古びた言葉は使いたくないですが、やはりロマンチシズムやスイングやリリシズムというジャズ特有の言語で説明するとわかりやすい。ジャズには少なからずそういう要素があります。グルーブがあるように叙情性や情に訴える感性もジャズという音楽の立派な一要素と思います。どうかすると情感なるエレメントが下に見られやすいジャズ界、当『Jazz Bar』はその不条理な見解に対する対抗勢力と考えていただいても。
    (Jazz Bar 2017 ライナーノーツより)

    寺島レコード キング・オブ・コンピレーションのJazz Barが18年目に突入。
    今年もブレることなく寺島式選曲で選び抜かたれ美旋律楽曲を収録。

    ■収録予定曲
    ・La Chanson Des Vieux Amants [Charles Loos Trio]
    ・Dust In The Wind   [Philippe Lemm Trio ]
    ・Giorgia Mood  [Giorgio Azzolini]
    ・Fenesta che lucivi e mo non luci  [Alessandro D'Episcopo]
    ・Old Folks At Home [Moncef Genoud Trio]
    ・Marcia Funebre [John Taylor]
    ・Piensa en mi [Marco Mezquida]
    ・Tres Palabras [Abe Rabade]
    他、数曲収録予定

    ■選曲・解説:寺島靖国
    ■セミダブル紙ジャケット(コーティング仕様)

    • 前の記事へ

      音楽ファンのオアシスとして知られるBar Musicの最新コンピレイションCD「BAR MUSIC 2018」発売

      JAZZ

      2018.12.19

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      ノルウェー・ミュージック・シーンのイノヴェーター、ブッゲ・ヴェッセルトフトとプリンス・トーマスのデュオ作「Bugge Wesseltoft & Prins Thomas」がCDでリリース

      JAZZ

      2018.12.19

    • 一覧へ戻る