ユーロ・フリー名作Pierre Favre Trio「Santana」が限定アナログ・リイシュー

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2018.12.07

    • LINE

    • メール


    ※LP
    ポール・ブレイ、セシル・テイラーに通じるフリー・ジャズ・トリオ。空間を自由に斬新なドラミング。波打つベース・ライン、硬質なアタックから繰り出す3人の凄まじいインプロに当時としては鮮烈な印象を与えたことでしょう。
    自主でPIPから発売され後にFMPから再発。今回BE!JAZZがライセンスを受け制作した限定アナログ盤となります。
    ベースのPeter Kowaldは後にPeter Brötzmannと合流、名作「Hot Lotta」に参加しその他2002年に亡くなるまで数多く作品を残しています。女性フリー・ピアニストIrene Schweizer、Pierre Favreもこの後も数多くの録音を残すという意味でも3人の初期レコーディング作品として貴重な1作なのではないでしょうか。ユーロ・フリー好きは要チェックです!

    【Personnel】
    Pierre Favre(ds)
    Irene Schweizer(p)
    Peter Kowald(b)

    • 前の記事へ

      【オンラインショップ限定SALE】今がチャンス!お買い得CD・レコード大量放出!!

      JAZZ

      2018.12.07

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      今年もやります!年末恒例<2019年ジャズカレンダー・プレゼントキャンペーン>

      JAZZ

      2018.12.06

    • 一覧へ戻る