afrontier(アフロンティア) のコンピレーション・アルバム『Blue Brick Lover』が発売

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2019.05.15

    • LINE

    • メール





    人気ジャズイベント afrontier(アフロンティア) のコンピレーション・アルバム『Blue Brick Lover』が、レジデントDJのTOJOとTakeshitaの共同コンパイルにより、5月15日にリリースが決定!

    afrontierは、国内外の音楽シーンで活躍するトランペッター/プロデューサーのisao osadaによるイベント/サウンドプロジェクトとして、2003年にスタート。以来、モーション・ブルー・ヨコハマを舞台に、ライブ、DJ、VJを緻密に組み合わせたエンターテインメント性の高いイベントを開催し、多方面から支持され続けている。
    2018年に15周年を迎えたafrontierはこれを記念し、コンピレーションアルバム『Blue Brick Lover』をリリースする事となった。
    afrontierとしては『isao osada presents "afrontier" 12 colours to 7 seas』(2008年)に次ぐ二枚目のリリースとなり、前作同様、2008年からこれまでに出演したアーティストの音源の中から選曲されている。
    コンパイルは、クラブ、ダンスイベント、高級ホテルのラウンジと様々なシチュエーションで活躍するレジデントDJのTOJOTakeshitaが担当。
    海外でも評価が高く、昨年リイシューが話題となった濱瀬元彦を筆頭に、日本のクラブ・ジャズシーンのパイオニア的存在でもあるisao osada、元エスカレーターズの堀越昭宏率いるXSと経験豊富なアーティストたちから、細川玄藤本一馬吉岡大輔山﨑陽子(Laranja)ら才能あふれるミュージシャン、nativeBLU-SWINGbohemianvoodoo13soulsといった人気のあるシーンを代表するバンド、河野祐亮ピアノトリオFontana Folleらの新世代まで、世代を超えた多彩なアーティストの楽曲が一枚にコンパイルされている。初CD化音源を含む全13曲。イベントさながらの熱気とクールネスを感じさせる、至極のコンピレーションアルバムが完成した。

    ライナーノーツ:
    大塚広子 (Key of Life+)
    帯コメント:
    木村勝好 (in the mix, POSSIBILITY)

     

    • 前の記事へ

      絶大な人気を誇る高音質レーベルAnalogue Productionsからジャズ名作が一挙入荷

      JAZZ

      2019.05.15

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      5/14(火)から3日間!オンラインで輸入新品が10%OFF!おすすめの14タイトル -ジャズ編-

      JAZZ

      2019.05.14

    • 一覧へ戻る