ジャズ・サックス界最高峰ブランフォード・マルサリス。カルテットによる新作「Secret Between the Shadow and the Soul」が発売

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2019.03.04

    • LINE

    • メール
    ジャズ・サックス界最高峰ブランフォード・マルサリス
    原点に回帰しつつも新しい地平を目指した意欲作

    BRANFORD MARSALIS / ブランフォード・マルサリス / Secret Between the Shadow and the Soul

    ニューオリンズの音楽一家に生まれ、80年代にメジャー・デビュー。弟のトランペッター、ウィントン・マルサリスと共にジャズ界に新風をまき起こしたブランフォード・マルサリスは、ジャズのみならずスティングとの共演、テレビ・ショウへの出演、スパイク・リー監督の映画音楽の制作、レーベル「マルサリス・ミュージック」の設立など、多彩な才能の持ち主としても有名。

    ジャズ・サックス界最高峰ともいえるブランフォード・マルサリスのカルテットによる新作は、カート・エリングとタッグを組んだスタンダード・ナンバーを中心とした前作『UPWARD SPIRA』とは打って変わり、彼らの本領であるカルテットならではのジャズ・ギグを思う存分発揮している。メンバーには20年来の盟友であるジョーイ・カルデラッツォ(p) エリック・レヴィス(b)に加えて、ドラムにはジャスティン・フォークナーが参加。収録曲はメンバーのオリジナル曲を中心に、キース・ジャレット、アンドリュー・ヒルの曲にも挑戦し、原点に回帰しつつも新しい地平を目指した意欲作となった。現在アメリカを皮切りに、全世界をツアー中。来日公演にも期待が高まる。

    ※参考動画
    • 前の記事へ

      ジャズ・トロンボーンの最高峰J.J.ジョンソン未発表となっていた70年代の映画やテレビをスコアをまとめた編集盤がリリース

      JAZZ

      2019.03.04

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      Honest Jonsからデレク・ベイリー作品2タイトルが完全未発表音源を収録しアナログ・リイシュー

      JAZZ

      2019.03.01

    • 一覧へ戻る