【アナログ盤入荷】現代ジャズ・サックス最高峰ジョシュア・レッドマン2019年最新カルテット作「Come What May」が発売

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2019.04.24

    • LINE

    • メール


    現代ジャズ・サックス界のイノベータ―、ジョシュア・レッドマンが約20年振りに、ジョシュア・レッドマン(sax)、アーロン・ゴールドバーグ(p)、リューベン・ロジャース(b)、グレッグ・ハッチンソン(ds)とのカルテット編成でニュー・アルバムをリリース!互いを良く知る仲間たちとの、タイトで自由なパフォーマンスと“マジック”がまさしく聴きどころになる本作『COME WHAT MAY』、完成!(新譜案内より)

    • 前の記事へ

      デトロイトの歌姫スーザン・トボックマン待望の第3弾「ラヴ・フロム・デトロイト」寺島レコードより発売

      JAZZ

      2019.04.24

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      【田中伊佐資氏のライナー抜粋を公開】至高のオーディオファイル、ヘルゲ・リエン2作品がCRAFTMAN RECORDSクオリティでLP化!!

      JAZZ

      2019.04.24

    • 一覧へ戻る