高柳昌行「April is the Cruelest Month」がアナログ・リイシュー

  • JAZZ
  • 新着ニュース

2019.05.24

  • LINE

  • メール
長年お蔵入りとなっていた「April is the Cruelest Month」が
アナログ・リイシュー!!



※LP
ESPからリリースされる予定で録音されたが、結局発売されずお蔵入りとなった幻の音源が遂にアナログ・リイシュー。本作は、メンバーに森 剣治 (リード)、井野 信義 (ベース・チェロ)、山崎 弘 (パーカッション) を迎えた、高柳昌行ニュー・デレクション・ユニットの1975年の演奏。究極のフリー・ジャズと言えるべき凄まじい演奏が収められている。

【参加メンバー / 楽器】
高柳昌行(ギター)
森 剣治 (リード)
井野 信義 (ベース・チェロ)
山崎 弘 (パーカッション)

※裏ジャケット


関連ニュース
私家盤として制作された高柳昌行の「正真正銘の幻盤」をCRAFTMAN RECORDSがアナログ盤復刻

  • 前の記事へ

    【オンラインショップ限定SALE】今がチャンス!お買い得CD・レコード大量放出!!

    JAZZ

    2019.05.24

  • 一覧へ戻る

  • 次の記事へ

    ユセフ・ラティーフの1983年作「Hikima: Creativity」が本人のご家族からライセンスを受け正規再発

    JAZZ

    2019.05.23

  • 一覧へ戻る