アレッサンドロ・ガラティが発掘し寺島靖国が認めた歌姫Elle。世界に先駆けて日本デビュー

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2019.07.10

    • LINE

    • メール

    Elle(JAZZ) / エル / ELLE

    寺島レコード ヴォーカル・コレクション
    アレッサンドロ・ガラティが発掘し寺島靖国が認めた歌姫
    世界に先駆けて日本デビュー

    1年前にスタートした寺島レコードとイタリアのピアニスト・アレッサンドロ・ガラティとのプロジェクト。そのスタートとなる『Shades of Sounds』は「ジャズ・オーディオ・ディスク大賞」を受賞。その後ソロ作品『Augustine』(TYR1076)と初のライヴ録音『Live from the Inside Out』(TYR1077)を同時リリース。同時に寺島レコードオリジナル録音のリマスタリングをステファノ・アメリオに依頼するなど、イタリア・ジャズ界とのコラボレーションを次々に打ち出してきた寺島靖国が次に目を付けたのは、ヴォーカリストだ。アメリカのスーザン・トボックマン、オーストラリアのサラ・マッケンジーに続く第3の歌姫はイタリアのElle(エル)。ガラティが現地のジャズクラブで歌う彼女を見い出し、寺島プロデューサーもその歌声に一聴惚れ込んだ無名の新人が、世界に先駆けて日本でデビューを飾る!

    演奏
    Elle (vocal)
    Alessandro Galati (piano)
    Guido Zorn (bass)
    Lucrezio De Seta (drums)
    • 前の記事へ

      ジャズの歴史的、大名盤のオリジナル盤を忠実に再現した高音質のLPシリーズ<ジャズ・アナログ・プレミアム・コレクション>発売

      JAZZ

      2019.07.11

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      For Jazz Music ~ 中古オーディオ特集

      JAZZ

      2019.07.09

    • 一覧へ戻る