Blue Noteの新アナログ・シリーズ"Tone Poets"から新作3タイトルが入荷

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2019.05.17

    • LINE

    • メール


    本シリーズは現社長ドン・ウォズがインディ会社Music Mattersから並外れたオーディオファイルでの再発を称賛したことに基づきスタート。
    The Tone Poetと知られるJoe Harley(AKA The Tone Poet)がこのBlue Noteファミリーのレーベルからのこの特別なシリーズの再発のキュレーターを務める。
    ジャケット・グラフィックから印刷の品質まで、考えられるあらゆる方法で本シリーズは正しい方向性をもったリリースとなるよう Kevin Greyの優れたヴァイナル・マスタリングからRecord Technology Inc.の180gオーディオ・ファイル・プレスまで細部への注意が払われている。オーディオ・ファンにはこれ以上のこれらのLPの優れたヴァージョンを見つけることはできないはず。

    JOE HENDERSON / ジョー・ヘンダーソン / State of the Tenor Vol 2(LP)

    チック・コリアやマイルス・デイヴィスとのコラボでも知られるテナーサックス奏者、ジョー・ヘンダーソンの1985年作品。

    ■1985年11月14-16日にNYヴィレッジ・ヴァンガードで行われたオールスター・トリオのライヴ録音。

    ■ジョー・ヘンダーソンのブルーノート第2期を代表する名盤。

    Joe Henderson (ts) Ron Carter(b) Al Foster(ds)

    GIL EVANS / ギル・エヴァンス / New Bottle Old Wine(LP)

    ジャズ史上最もイノヴェ―ティヴなアレンジャー/バンドリーダーの一人ギル・エヴァンスの1958年録音作品がリリース。

    プロデュースを務めるのはマイルス・デイヴィス/キース・ジャレットのコラボレーターGeorge Avakian。新たに発見されたアナログ・ステレオ・マスターから制作。Jelly Roll Morton, WC Handy, Lester Young、Dizzy Gillespie、Charlie Parkerなどのレパートリーを演奏。

    Gil Evans(p, arr, conductor) Cannonball Adderley (as) Chuck Wayne (g) Paul Chambers(b)  Art Blakey (ds) etc

    CASSANDRA WILSON / カサンドラ・ウィルソン / Glamoured(LP/Blue Note Tone Poet Series)

    本作は2003年にオリジナル・リリースされたカサンドラ・ウィルソンのブルーノート6作目。全米ジャズ・チャートで2位を記録し、スティング、ボブ・ディラン、ウィリー・ネルソンなどをカヴァーしたジャズ/ブルース/フォーク/ポップ作品。。プロデュースはFabrizio Sotti。

    ■Cassandra Wilson(vo, acoustic guitar)
    Terri Lyne Carrington(ds)
    Jeff Haynes(perc)
    Calvin X Jones(b)
    Gregoire Maret(harmonica)
    Herlin Riley(ds,washboard)
    Brandon Ross (banjo, guitar)
    Fabrizio Sotti (g)
    Reginald Veal(b)

    • 前の記事へ

      5/20更新 デンマークの老舗レーベルSteepleChase新譜情報

      JAZZ

      2019.05.20

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      <予約>現在ジャズ・シーンの先鋭を行くピアニスト、ブラッド・メルドー最新作「Finding Gabriel」がリリース決定

      JAZZ

      2019.05.17

    • 一覧へ戻る