タビー・ヘイズの完全未発表アルバム「Grits, Beans and Greens: The Lost Fontana Studio Sessions 1969」が半世紀の時を経て発掘!

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2019.07.26

    • LINE

    • メール


    ヨーロピアン・ジャズの幻の秘宝が発掘!
    ★英国モダン・ジャズ界が生んだ最高のハード・バップ・サックス奏者タビー・ヘイズの完全未発表アルバムが、半世紀の時を経て奇跡の発掘!

    ●1950~60年代の英国ジャズ・シーンを牽引していたにもかかわらず、1793年に38歳の若さで亡くなったタビー・ヘイズが、最高傑作として名高い『メキシカン・グリーン』から2年後の1969年にレギュラー・カルテットを率いて録音した貴重な音源。

    ●ヨーロッパ・ジャズ愛好家にとっては、ジョン・コルトレーン『ザ・ロスト・アルバム』級のサプライズです。

    ●オリジナル・マスター・テープから直接Studer C37 ¼-inch ステレオ・テープ・マシンを使用してロンドンの Gearbox Records’ Studiosでリマスタリング。 その後、1950年代後半にDeccaスタジオ用に設計された全バルブ式マスタリングデスク、1959年製のVintage Lang Pultec EQ、Prism Maselec EQ、Telefunken U73bバルブリミッター1967年から(Westrex(Western Electric)のヘッドとカッティングアンプを搭載)を使用してイコライズされました。

    <パーソネル> タビー・ヘイズ(ts) マイク・パイン(p) ロン・マシューソン(b) マイケル“スパイク”ウェルズ(ds)
    ★1969年6月24日、ロンドン、フィリップス・スタジオにて録音