ポーランド新世代ジャズの奥深さを感じるセプテット:EABSの2019年作がリリース

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2019.06.18

    • LINE

    • メール
    EABS(ELECTRO ACOUSTIC BEAT SESSIONS) / Slavic SpiritsEABS(ELECTRO ACOUSTIC BEAT SESSIONS) / Slavic Spirits(CD BOX+BOOK)
    ※通常盤と限定盤の2種がございます。

    クシシュトフ・コメダへ捧げた2017年デビュー盤で強い印象を与えたポーランドのジャズ・セプテット:EABSの2019年作がリリース。
    これまでの作品ではソウルやヒップホップの要素も感じられましたが、本作ではよりしっかりとしたコンポジションでアンサンブルを聴かせるビッグバンドのような重厚さが全面に出た作風となっています。
    ゆったりとした展開で重厚かつド迫力のバンド・アンサンブルを聴かせる長尺曲"Leszy"、続く3曲目"Południca"もゆっくりと場面が切り替わっていく様を眺めるようなストーリー性がある楽曲。その後も1分台や3分台の短めの曲も箸休めに取り入れつつ、やはり聴きものアルバムの半分を構成する長尺の楽曲達で、聴き終わる頃には1本の映画を観終わったかのようなストーリー感があります。
    じっくりとアンサンブルと展開を聴くことで味わえる重厚なスケール感が作品全体を貫くポーランド新世代ジャズの奥深さと勢いを感じる素晴らしい1作。カマシ・ワシントンなどの新世代ジャズを聴く方に大プッシュしたい作品です!

    Members of EABS:
    Marek Pędziwiatr /Nordiska Bambino piano, Fender Rhodes MKII, Minimoog Voyager, Crumar Performer, Physharmonica E. Krauss Stuttgard, Korg Polysix, Roland DC-30 analog chorus echo
    Marcin Rak / drums
    Vojto Monteur / electric guitar
    Paweł Stachowiak / bass guitar
    Spisek Jednego / percussion, sound fx
    Olaf Węgier / tenor saxophone
    Jakub Kurek / trumpet
    Tenderlonious / flute, soprano saxophone

    • 前の記事へ

      <予約>幻の現代ジャズ・ヴォーカル・シーンのスーパー・グループ「ティレリー」の唯一作がアナログ盤でリリース決定

      JAZZ

      2019.06.18

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      スタン・ゲッツの完全未発表ライヴ音源が、録音から58年の時を経て発売

      JAZZ

      2019.06.18

    • 一覧へ戻る