グルーヴ・マーチャント・モー・グルーヴィー・コレクション第四期が発売

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2019.06.19

    • LINE

    • メール

    ブルーノート~ソリッド・ステイトのプロデューサーだったソニー・レスターが1971年に設立したレーベル、グルーヴ・マーチャント。グルーヴ・マーチャントというレーベル名はソリッド・ステイト時代にプロデュースをしたサド=メル・オーケストラの楽曲から付けられた名前で、レーベル名の通りオルガンのジミー・マクグリフやリチャード・グルーヴ・ホルムズ、ドクター・ロニー・スミスらグルーヴィなオルガン・ジャズや、ラモン・モリス、ラリー・ウィリス、ジョー・トーマスら漆黒のジャズ・ファンク作品などヒップホップのネタやジャズDJ御用達の作品も数多い。一方ブルーノート~ソリッド・ステイトのプロデューサーだったレスターの人脈により旧知のバディ・リッチやライオネル・ハンプトンら多くのメインストリーム系ベテラン・ジャズメン達の70年代名盤を世に送り出した事でも知られる。どの作品も大衆ジャズ路線の王道と呼べるグルーヴ感溢れる作品ばかりで、ジャズの持つアーシーさやファンキーさを全面に出したブラック・フィールが全面に出たレーベルだ。
     
    1970年代後半になると社名をレスター・ラジオ・コーポレーション(LRC)と変え、マイアミのT.Kレコードとディストリビューション契約を結びさらに広いマーケットを開拓した。LRC期はT.Kとの関係もありインスト・ディスコ作品も多くリリースしている。2018年4月に総帥ソニー・レスターが93歳で亡くなったが、ジャズ・レジェンド、ソニー・レスター生涯最後の契約となった本シリーズはレスターのレガシーを受け継ぎグルーヴ・マーチャント~LRCのカタログをほぼ網羅するジャズ・ファンク夢のプロジェクトだ。
     
    <完全限定生産品>
    最新リマスター、日本語解説、オリジナルジャケット使用
    • 前の記事へ

      <予約>鈴木宏昌+稲垣次郎とビッグ・ソウル・メディア、日本のジャズ史に残る壮大なコンセプト・アルバム「バイ・ザ・レッド・ストリーム」がアナログ・リイシュー

      JAZZ

      2019.06.19

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      日本ジャズの新たなプラットホーム、Days of Delightレーベルから新作2タイトルが発売

      JAZZ

      2019.06.19

    • 一覧へ戻る