アート・ペッパー「Surf Ride」がCRAFTMAN RECORDSから復刻

  • JAZZ
  • 新着ニュース
  • 2019.09.25

    • LINE

    • メール
    ART PEPPER / アート・ペッパー / Surf Ride / サーフ・ライド<LP>

    Surf Ride / サーフ・ライド<LP>

    ART PEPPER アート・ペッパー

    CRAFTMAN RECORDS / JPN / LP(レコード) / CMRS74 / 1007946056 / 2019年09月25日

    • JAZZ
    • レコード
    • 新品在庫あり
    • (翌日~翌々日に発送)

    5,500円(税込)

    • レコード
    • 新品在庫あり
    • (翌日~翌々日に発送)

    ※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

    ※LP / 完全限定プレス
    躍動感溢れる若きアート・ペッパーの魅力が凝縮された2枚の10インチ盤(ディスカバリー)をカップリングした、記念すべき12インチ・デビューアルバム。

    ■メンバー : ART PEPPER(as), RUSS FREEMAN(p), BOB WHITLOCK(b), BOBBY WHITE(ds), HAMPTON HAWES(p), JOE MONDRAGON(b), LARRY BUNKER(ds), JACK MONTROSE(ts), CLAUDE WILLIAMSON(p), MONTE BUDWIG(b)

    ■アナログ盤企画/監修:塙耕記
    ■オリジナル・ジャケットを忠実に再現
    ■マスター盤プレッシング/180g重量盤


    マスター盤プレッシングとは・・・
    通常はカッティングされたラッカー盤(凹)から、マスター盤(凸)→マザー盤(凹)→スタンパー盤(凸)という工程でアナログ盤をプレスしますが、「マスター盤プレッシング」ではマザー盤・スタンパー盤を製作せずに、マスター盤から直接プレスします。 2度のコピーを省くため、カッティング時に近い溝が形成され、よりダイレクトでリアルな音の再生を実現いたしました。

    サンプルジャケットが到着!特別公開!
    サンプルが到着したのでジャケットを撮影しました。
    爽やかな色味はもちろん、派手にパキッとし過ぎない経年感・ヴィンテージ感のある独特の風合いに仕上がっています。



    裏ジャケットです。
    付属される帯に販売に必要な情報を記載しているため、ジャケットに必要以上の表記はございません。
    まさに「オリジナル・ジャケットを忠実に再現」されているかと思います。


    表ジャケットのコーティング加工をご覧いただきたく照明を当てました。
    照明が反射するほどデカデカと施されたコーティング加工が確認できます。
    (手袋なしでジャケットを触ると指紋が付くほど・・・この撮影も気を使いました。)



    裏ジャケットを上記の写真と同じ角度・強さで照明を当てています。
    裏ジャケットはコーティング加工なしのため白くなるだけで反射はしません。
    この差で、表ジャケットはしっかりとコーティング加工されているのを確認できるかと思います。




     

    アート・ペッパー(as)の処女作にして最高傑作「サーフ・ライド」、ちょっと深堀りしてみました!


    ★「Surf Ride」誕生の紆余曲折について


    アート・ペッパーの初リーダ作品にして最高傑作とも言われる「サーフ・ライド」。
    この作品が3回のセッション(March 4,1952、March 29,1953、August 25,1954)から成り、元々Discoveryレーベルが制作した2枚の10インチ盤(1DL3019、2DL3023)に収められていたものをSavoyレーベルがまとめたものであるということは、ファンの間でよく知られている事実です。


    ●Discovery盤 1 DL 3019(左側)2 DL 3023(右側)



    Discoveryから版権を買ったSavoyでは、"These Foolish Things”など比較的地味なスタンダード曲4曲は「Two Altos」というSonny Red(as)とのカップリング作品(↓2)に寄せ、それ以外の12曲(うち10曲がペッパーの自作曲)を「Surf Ride」(↓1)にまとめました。

    ●Savoy(Regent)盤 1Savoy MG 12089(左側)2Regent MG 6069; Savoy MG 12215(右側)

    ★Surf Clubというライブハウスについて


    この「Surf Ride」が、アート・ペッパーの最高傑作のひとつであることは衆目の一致するところですが、なかなかインパクトのある「波乗り」ジャケットについては、ジャズファンの議論の的になってきました。
    ジャケットの是非はさておき、タイトルトラック"Surf Ride"という曲名については、当時"Surf Club"というライブハウスに定期出演していたアート・ペッパーがそのクラブにちなんでその曲名をつけた、というのが定説になっているようです。



    しかも、面白いことに"Surf Club"について、Alain Tercinet著「West Coast Jazz」に以下のような記載があります。

    「"Surf Club"は、その名前とは違って、ジャズを愛するビーチ観光客が集まるような場所ではなく、最も近いビーチからでも数マイル離れた、50、60人が入れるかも怪しいボロボロの建物だった。そんな地味な場所でも、出演者(当時のアート・ペッパー・カルテットの4人)は超一流だった。」

    そして、その"Surf Club"に出入りしていた、ペッパーの熱狂的ファンの一人、Richard Bockという若い見習いエンジニアが、自らDownbeat誌にライブ評を投稿(↓)したり、DiscoveryレーベルのJack Bergmanに働きかけて、ペッパーの初リーダ作品のレコーディングを実現させた、ということです。



    1951年のダウンビート誌投票でアルト部門で首位となったアート・ペッパーによる新しいグループを「D.ブルーベック以来の新風」と評している記事と"Surf Club"での演奏風景を捉えた写真。


    「Surf Ride」の元となったDescovery盤の初録音の1か月前(1952年2月12日)に"Surf Club"での演奏を録音した音源が、70年代に入ってXanaduからリリースされています。


    ●「The Early Show」(Xanadu 108、左)、「The Late Show」(Xanadu 117、右)




    参考文献:
    Alain Tercinet著「West Coast Jazz」
    jazzwestcoastresearch.blogspot.com/2016/04/art-pepper-discovery-sessions-james-a.html